本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

FAXDMの作成を営業支援サービスにアウトソースする

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > FAXDMの作成を営業支援サービスにアウトソースする

FAXDMの作成を営業支援サービスにアウトソースする

FAXDMは「コストが低い」「時間がかからない」ので、もっとも導入しやすい宣伝方法です。しかし、反響率を上げる工夫が必要なので、FAXDMを作成したことがない場合はアウトソースでDM作成をおすすめします。
郵送のダイレクトメールやEメールでの宣伝と違い、開封率が100%のFAXDM。しかし、ライティングやデザイン次第では、思ったような反響率を上げられない恐れがあります。
ビジュアル面や伝えられる情報量の少なさなど、手軽な反面、様々な制約もあるので、FAXDMを初めて行う場合は営業支援サービスで代行してもらう方が確実です。
営業支援サービスはFAX番号の収集、リスト化、FAXデザイン、ライティング、送信、クレーム対応まで全てを代わりに請け負っています。FAXを使った宣伝方法は、相手のFAX用紙を使わなければいけないため、クレームが発生しやすい方法でもあります。中にはハードクレームに発展する場合もありますので、営業支援サービスに任せてしまう方が安全と言えます。
FAXDMは送れば必ず読んでもらえる宣伝方法ですが、読んで終わりになってしまうケースも。FAXのインパクト、商品やサービスの魅力やメリットを最大限に伝えるライティングなど、 色々な要素が必要になります。
独自のノウハウを持っている営業支援サービスは、反響率を上げる方法を知っています。FAXDMはむやみやたらに送信すればいいわけではありません。また、文字をたくさん詰め込めば、情報を正確に伝えられるわけでもありません。FAX用紙のサイズ内で、アクションを呼び起こすことは容易ではありません。
営業支援サービスに代行依頼をする際はヒアリングと打ち合わせが重要になります。どのような層に販売したいか、製品やサービスの魅力は何か、どのくらい送信するかなどを決めます。
営業支援サービスであれば、宣伝の方法を熟知していますので、的確なアピールが可能です。FAXDMはすぐに反応が出る場合もありますが、時間が経ってから問い合わせがあることもあります。法人にFAXを送る場合は、担当者がファイリングして保存する場合も多く、後々成果が出ることも。
自社で最初から作成すると、どうしても時間がかかるうえに、人手も足りなくなります。他の業務に集中したい、作成から送信まで委託したい、反響率のいいFAXDMを確実に作成してほしい場合は、営業支援サービスを使ってみましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る