本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ITサービス業におけるSFAの導入目的

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ITサービス業におけるSFAの導入目的

ITサービス業におけるSFAの導入目的

SFAの導入目的は業種によってそれぞれ特徴があります。ITサービス業の場合は、営業マンは非常に多くの顧客を抱えていますので、顧客情報を整理するのに膨大な時間がかかります。SFAを導入することによって、営業マンはとても簡単に顧客管理を行えます。顧客の情報をきちんと整理することによって、効率の良い営業活動が展開できます。

ITサービス業がSFAを導入すると、過去履歴を整理することによって、今後予定がすぐにわかるというメリットが得られます。コンタクト一覧などの資料も瞬時にアウトプットすることができますので、内勤での事務作業を減らして、外回りの営業活動の時間を増やせます。営業事務の社員の労力も軽減され、きめの細かい顧客管理に結びつきます。

ITサービス業は、顧客からのアンケートの集計などの集計業務が他の業種よりも多いことが特徴です。集計業務をするには膨大な時間がかかり、単純作業が中心になるので社員のモチベーションも下がる傾向があります。SFAを導入すると、集計業務をシステム化することができ、時間のかかる集計業務を削減することにつながります。集計業務のためにアルバイトを雇っていた場合も、人員を削減することができるので、経費削減に貢献します。

ITサービス業の管理職は、SFAのデータを活用することによって、売上アップに直結するような営業戦略を立案できます。SFAのデータは、営業マンが日々の営業活動の中で積み重ねてきたリアルな情報です。リアルな情報に基づいて営業戦略を立てられますので、達成可能なノルマを設定することができ、営業マンのモチベーションの低下を防いで、やる気を引き出せます。

SFAを導入すると、ITサービス業の管理職は、部下の営業マンの行動や契約獲得までの進捗状況をリアルタイムで確認することができます。最新の情報に基づいて適切な指示を部下の営業マンに出すことができ、ビジネスチャンスが到来した時などは、迅速に営業マンが対応することが可能になります。

ITサービス業のサービスの向上のためには、エンジニアと営業マンの連携がとても大切になります。SFAを導入すると、ITエンジニアと営業マンが顧客データを共有することができますので、エンジニアと営業マンの連携が強化されます。顧客からのクレームにも迅速に対応することができ、トラブルが発生した時には、エンジニアが現場に急行して、トラブルを解決することができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る