本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ITサービス業によるSFAの導入目的について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ITサービス業によるSFAの導入目的について

ITサービス業によるSFAの導入目的について

ITサービス業の顧客情報は様々な分野で利用されているので、効率的に分析をすることがSFAの導入目的となっていますが、営業管理を自動化することができるので、営業効率を向上させるという効果もあります。また日本でも多くの企業で普及が進んでいるので、世界的な企業と取引をしているITサービス業の場合にはSFAの導入が一般的になっているので、営業活動が他の企業に比べて効率化している場合があります。

SFAは従来の日本などで行われていた経験などに基づく営業手法を見直すことによって、個人の能力に依存していた営業活動を改善して科学的分析などによって営業を自動化することができるようになっています。営業担当者個人で顧客情報や交渉の進捗状況を把握していると企業内の他の部署が連動して動くことができないので、情報を共有することで営業活動を分かりやすくすることがSFAの大きな目的になっています。

ITサービス業の場合は顧客情報の分析が非常に重要となっていて、ターゲットを絞り込むことによって無駄のない営業活動を実現することができます。SFAによって事務処理プロセスや営業活動が自動化されるので、基本的なマニュアルにしたがって行動することで成果を出すことができるようになります。ITサービス業は顧客情報を膨大なので個人の直感に頼っていると時間がかかりすぎて多くのチャンスを逃す可能性があります。

また2000年代になると本格的にインターネットや小型情報端末が普及してきたので、これらを利用して顧客情報を共有してそれぞれの営業担当者が多くの情報を知ることができるようになっています。一般的にはSFAは世界的に活動している企業で導入されていましたが、現在ではITサービス業をはじめとする多くの中小企業でも取り入れられていて、事務処理や営業の経費の削減に役立っています。

情報に関しては営業担当者が収集してそれを利用することで成果を上げるのが一般的でしたが、現在では営業担当者が得た情報を即座に共有して、分析することによって、企業活動を改善して収益を上げる努力がされています。アジア各国でも情報インフラが整っているので、今後は世界的にSFAの導入が進むとされていて、日本でも多くの顧客を管理している中小のITサービス業でも普及することが予想されていて、顧客管理システムは営業するためには必要不可欠な技術になりつつあるので、サービス業以外でも部分的に導入されています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る