本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ITサービス業のSFA導入目的とは何か?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ITサービス業のSFA導入目的とは何か?

ITサービス業のSFA導入目的とは何か?

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカ型の営業や理念、業務方法をベースに生み出された営業支援システムのことです。
営業支援が目的ではありますが、今まで業務に必要だった色々な機能を一つにパッケージングしたようなシステムですので、SFA上で見積書などの書類作成から上司への営業進捗の報告、日報の記載や顧客情報の整理、アポイントメントのチェックなど幅広い業務が可能です。支援目的のシステムでありながら機能を使いこなせればほとんどの業務が可能となります。
また、システムはインターネットでお馴染みのクラウド型システムを採用していますので、離れた部署同士や離れた支店同士で業務と情報の共有が可能です。岩手支店で作成した商品仕様書を奈良支店で完成した瞬間に活用可能ですし、茨城支店で作った見積書を東京本社ですぐに確認可能です。また、北海道支店で行っている情報入力作業を佐賀支店で同時に行うことも可能です。この情報と業務を共有できるという特性と機能の多さを合わせれば営業部門だけでなく他の部門も多くの業務を効率化することができます。
導入に際してはインターネット環境と業務用のPCがあれば問題ありません。操作も簡単で、新入社員でもスマートフォンを操作できる人はすぐに慣れることができるでしょう。極端な話、機能と特性を上手く利用できれば、SFA環境と営業担当社員が一人いて、顧客に渡す書類を印刷するためのコピー機が一台あれば業務を回すことさえ不可能ではありません。
このSFAの特性と機能を自社に合わせて取捨選択し使用に際してのルールを定めることにより自社に合った、業種に合った使い方をすることも可能です。

ITサービス業のSFA導入目的の一つはマネージャーの戦略立案への活用です。
営業担当が顧客情報を得てSFAに入力するとこによりマネージャーも参照することができます。また、日報や営業進捗、商談の内容もシステム上で確認ができますので、そうした総合的な情報を参照した上で戦略立案を行います。また、立案した作戦も可視化しシステム上に置くことで社員全員が今後の指針にすることができます。
ITサービス業では商品を製造する場合、社員一人で作るということはほとんどありません。
構築するシステムや商品の規模にもよりますが、ほとんどがチームとして作成を行うことでしょう。そして、そのチームが直接営業部門のように顧客と綿密な商談を行うことはあまり多いとは言えないでしょう。
ITサービス業の部門間で管轄や職域がまったく違い情報を共有しなければ齟齬が生まれるという点をSFAで補うのです。
また、各部門のマネージャーが話し合えば部門後のにばらばらな戦略を立てるのではなく総合的な戦略を立てることもできます。
部門によって職域が大きく変わるITサービス業だからこそ、SFAを活用して部署間の連結を密にしているのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る