本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで仕事が効率化すれば導入効果を実感!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで仕事が効率化すれば導入効果を実感!

SFAで仕事が効率化すれば導入効果を実感!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型営業をベースにした業務支援システムです。
営業の支援をメインに据えていますが、使いこなすことにより営業以外の業務も効率化します。また、非常に多機能で営業だけでなく付随業務にも大いに力を発揮してくれます。機能が多すぎると導入に際しては驚かれることでしょう。
導入の際には特別な機材やPCの台数を追加する必要は一切なく、ソフトの購入も不要です。
会社にインターネット環境があり使用予定の部署や支店に業務用のPCが一台あれば運用は可能です。

SFAという名前からその実態を完全に理解することは難しく、導入を検討している場合に色々な説明を読んでもなかなか把握することも難しいでしょう。中には業務を効率化したいがSFAでは具体的にどんなことができてどのように効率化されるのかいまいちイメージできず導入に二の足を踏んでいるというケースもあるのではないでしょうか。
SFAは具体的に言うと二つの効果を持っています。
一つは情報共有効果でもう一つは営業支援効果です。
この効果は機能と言い換えても良いでしょう。
情報共有機能は、SFAに社員の誰かが入力した情報は支店や部署を越えて全ての社員が共有できるという機能です。
SFAのメインとなる機能と言えるでしょう。
このシステムはクラウド型ですので、誰かが情報を入力するとそれが例え北海道と沖縄間であっても一瞬で共有可能です。
ボタン一つで簡単に参照できてしまうのです。
この機能を利用すれば個別にコンプライアンス資料を送付する必要もありませんし、顧客情報を共有することにより二つの部署が同じ見込み顧客に商談を持ちかけることもなくなります。また、役員が決定した経営戦略や営業戦略をデータとして可視化することは社員にとって口や書類で説明されるより分かりやすくなるはずです。通達なども過去にさかのぼって幾らでも確認可能になりますので紙媒体で手元に保存する必要がなくなります。
もう一つの営業支援機能ですが、こちらは情報が共有されることを基本として様々な機能のことです。
書類の作成や顧客情報の管理など営業に必要なこの機能で作成されたもの、入力されたものは情報共有機能により一瞬で共有されるわけです。
例えば書類作成機能で見積書を作成したとします。
沖縄支店が作成した見積書はデータとして北海道支店でも閲覧可能です。
現在の企業形態では日本各地に支店があることも珍しくないでしょう。
離れた支店同士で一枚の書類をメール添付や送付の必要なく共有でき、同じ見込み顧客に声をかけるという営業の無駄を省くことができます。
これは大きなメリットです。

SFAを導入することにより部署間の連携がスムーズになり、業務の重なりを防ぎ情報を各部署や支店単位で手に入れ管理する手間がなくなります。使用して機能に触れていただけば効果を実感していただけるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る