本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで営業支援して個人相手に売れる方法

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで営業支援して個人相手に売れる方法

SFAで営業支援して個人相手に売れる方法

SFAというソフトウェアがあります。営業支援のためのソフトです。

個人相手に売れる方法としては、お客様に好印象を持ってもらうためにも身だしなみやビジネスマナーに気をつけるということも大事です。
自社の強みを知っていて簡単には値段を下げることなく売り込んでいくとともに、個人相手に信頼関係を作ることも大切です。

ただ、自社の側や自分の側を高めるだけでなく、顧客を知ることも大切です。営業支援ソフトのSFAは顧客管理をする中でどうすれば売れるのか、攻めていくべきか見切るべきかなど明確にするためにも使えるものです。

たくさん稼げるエリート営業マンとそうではない営業マンとの間であった差が営業支援ソフトによってなくなります。個人相手にどのように営業をかけたのか、結果はどうだったのかが情報としてSFA営業支援ソフトで共有されます。それを見ることでどうすれば効率的に営業活動ができるのかを社内の皆が知ることができます。そのためその個人相手にどの営業マンが行っても大きな成果が得られることにつながるのです。
成功要因だけでなく失敗要因も共有することはできます。そのため同じような失敗を繰り返すこともなくなり、次の営業にいかすことができます。失敗例も共有することで、なぜ失敗したのか、どうすれば成功するのか有効な方法を発見することにもつながります。

一人の営業マンだけでは集められない分量の情報が一人の顧客に対して集まるだけでなく、顧客をとりまく情報が集約され、競合に対する対策もあり、社内の営業マンすべてがその情報を活用できるので、ベテランのノウハウが新人営業マンでもできることになるのです。

ただ、この営業支援システムは情報がきちんと入っていることがうまく活用される基本なので、営業マンが営業活動の後に入力するのがストレスになるような複雑なシステムやたくさんの機能がありすぎると逆に営業活動に対するモチベーションも下がり、悪い結果となってしまいます。また、営業活動で得てきた大量の情報の中の何が必要か、それを利用してどのように次の営業力アップにつなげていくことができるのかなど事前に考えをまとめたうえで、それに合ったSFAを購入しないと失敗につながります。

法人相手と個人相手では顧客情報の項目も全く違います。営業スタイルも違います。組織として意思決定を下す法人と違って担当者個人を口説き落とすことで商談成立となる個人営業の場合、顧客情報は重要な位置を占めるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る