本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで強みと弱みを把握し営業育成に生かす!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで強みと弱みを把握し営業育成に生かす!

SFAで強みと弱みを把握し営業育成に生かす!

SFAとはSales Force Automationの略で、営業を支援するシステムのことです。
クラウド型のシステムですので操作は簡単でPCに不慣れな人でもすぐに覚えることができますし、導入にあたって新たな機材やソフトを買い入れる必要はありません。会社に何台かPCがあればインターネットを利用するして一人が入力した情報を会社内の社員全員、ひいては全国各支店の社員全員が共有することができます。

SFAの強みは全ての社員への情報の可視化と共有です。
また、それによって社員間が仕事の進捗や営業が吸い上げた情報を把握し計画を立てる際、業務の際に参考にできるという点です。
他にも退職間近の優秀な社員の仕事プロセスを資料として保存できますし、営業の成功事例や失敗事例をデータ化して社内教育に取り入れることも可能です。
また、何よりもメリットがあるのは一昔前までは紙媒体や社員の個人PCに保存されていた営業履歴や顧客の詳細情報などが共有できるという点でしょう。紙媒体ですと物によっては法定の保存期間がありますので不要になっても処分することができません。その分スペースを食いますし、期間が過ぎたら紙の束を苦労して処分することになります。コストもその分かかります。
また、個人PCに顧客情報を保存している場合だと置き忘れなどで流出の危険が伴います。SFAの顧客情報管理機能を使うことによってそういったリスクは減ると言えるでしょう。
他に、営業担当だけでなく他部署も顧客の詳細な情報を参照することによって商品作りやサービス、経営戦略に顧客の名前の声を生かすことができるようになります。
これは大きなメリットですし、紙媒体で顧客情報を管理していてはなかなかできないことでしょう。
また、個人PCで顧客情報を管理していた場合も営業担当が休みを取っているなどの理由があればパスワードを訊いて情報を探すところから始めなければならなかったため、やはりできなかったことのはずです。

営業が情報を吸い上げて詳細に記載を行ったSFA上の顧客情報は営業育成にも有用です。
顧客の情報を何でも記載していると明らかに情報量が膨大になり過ぎ、時間もかかります。
記入に際しては社内でルールを設けることが望ましいです。ルールの一つに営業過程の記載を加え顧客との応対内容をきっちりと管理するのです。
そうすれば各営業担当が応対した顧客の情報を上司が確認するだけでそれぞれの強みと弱みが瞬時に分かります。営業履歴を営業育成に使用するのです。
例えばその営業によって法人顧客に強いですとか、概ね三回の面談で契約をとっているですとか、担当によって特徴は様々です。強みを生かし弱点を補う営業育成がSFAを利用することにより可能になります。また、上司が見込み客を把握することにも繋がりますね。
顧客管理は別目的の機能ですが、このように営業育成にも転用できるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る