本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで役割を正しく把握し売上アップを目指す

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで役割を正しく把握し売上アップを目指す

SFAで役割を正しく把握し売上アップを目指す

SFAはアメリカの営業方法や思考から生まれた営業支援システムで、Sales Force Automationの略称です。
インターネットなどで普段から馴染んでいるクラウド型のシステムで、運用に際しては機材やソフトの購入は不要です。また、インターネット環境があれば使用できますのでPCの追加購入なども不要です。

SFAには営業支援に必要な多くの機能があります。
この機能を上手く使用することで今まで多くのソフトを必要としていた業務を一元化することができます。
多機能のため使用目的を絞る必要がありますが、反対にこれとこれの機能を使うと明確になればその機能を最大限に活用することによって売上アップを目指す必要なく、自然と業務が効率化され売上が伸びることに繋がります。
SFAを使えば今まで紙媒体で管理していた情報もデータとして共有できますので、情報を擦り合わせる時間も不要になり、部署間で同じ顧客に商談を持ちかけることによって起きる摩擦や時間の無駄もなくなります。
また、紙媒体の資料を処分するコストや時間が削減されますし、顧客情報や営業プロセスを部署、支店を越えて共有することにより部署間の連結がスムーズになり連携して営業を行うことが可能になります。
情報が共有できていない状態では最悪の場合だと顧客の取り合いに発展する可能性がありますが、情報を共有している状態だと片方の部署がサポートに回るなどして二部署での営業が可能です。そう考えると、チャンスや営業に結びつきやすいと言えるでしょう。情報共有が成されていない状態ですと部署間で摩擦が起きている間にライバル社に顧客を取られてしまう可能性すらあるのです。

このように、SFAは上手く利用すれば自然と効果を得ることができるシステムです。
しかし、役割が明確でない場合はかえって業務を難しくしてしまう可能性があります。
役割とは各部署がどこからどこまでするべきかという意味での役割と、SFAは社内でどのような役割を果たすかという意味での役割です。
SFAを活用したとしても、各部署の職域が明確でない場合は意味がありません、法人営業部門と個人営業部門はそれぞれどんな顧客が営業範囲になるのかなどを明確にしておきましょう。そうしなければSFaで情報の共有を行っても部署間で食い合いになってしまい意味がありません。
また、SFAの役割も明確化する必要があります。
これは、SFAが極めて多機能である点が問題の本質です。
社内でSFAを顧客情報管理システムとして使用するのか、それとも営業支援に特化した使い方をするのか定めなければなりません。そうしなければSFAの長所は短所になり、効率的な業務も売上アップも難しいでしょう。
部署ごとの役割を明確化したように、システムの役割、使用目的も明確化し業務に確実に役立てるようにしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る