本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで情報を蓄積しプロセスの構築とマネジメントに役立てる!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで情報を蓄積しプロセスの構築とマネジメントに役立てる!

SFAで情報を蓄積しプロセスの構築とマネジメントに役立てる!

SFAとはアメリカ型の営業方法や理念をベースに作られた営業の総合支援システムで、Sales Force Automationの略です。
メインは営業支援ですが書類作成から顧客情報の管理、コンプライアンス資料の確認までできるため支援だけでなく幅広い業務、幅広い部門で活用が可能です。
SFAはクラウド型システムですので支店や部門を越えての情報共有機能があります。
例えば北海道支店で作った見積書が広島支店でPCのボタン一つで即座に確認できてしまうわけです。同じ会社内であれば社員全てで情報や書類を共有できますので、今までのようにメール添付で送付したり、社内便を活用する必要もありません。
また、クラウド型システムはインターネット上でもお馴染みのシステムですので、使用する際に分厚いマニュアルを読む必要もなく、少し使うだけですんなりと扱うことができるようになります。難しい操作は不要ですから、スマートフォンの操作を心得ている人ならすぐに覚えることができるでしょう。
運用に際してもクラウド型ですので特別なソフトや機材は必要ありません。インターネット回線が整備されPCが一台、あとは社員一人と顧客に書類を渡す際に印刷するためのコピー機があれば業務を回すことも可能でしょう。
操作や導入が簡単なわりに非常に多機能なのがSFAなのです。

SFAには業務をこなすために機能が備わっています。
顧客管理機能や書類作成機能はそれだけでも有り難いものですし、単独でも十分に重宝するはずです。
しかしSFAの使い方はその機能の活用だけでなく、クラウド型システムの特性までも含めて行う必要があります。
そうすることで確実に業務の効率が変化するはずです。もちろん、良い方にです。
例えば顧客情報の管理を享保の共有という面を考えてプロセスを増やしてみたらどうでしょうか。
営業の業務には顧客情報の管理も当然含まれるでしょう。
ですが、新規顧客、既得意顧客、見込み顧客というカテゴリで分けるだけでなくそれぞれの顧客にヒアリングを行った結果なども顧客情報に詳細に記入するようにプロセス化するのです。
詳細な記入が求められればその分業務時間を割かなければならないという問題も出ます。
ですがこうした問題はやはりプロセス化でクリアすることができます。
詳細な記入を求める部分のルールを定めるのです。顧客から自社の商品性能や不満について話が合った場合はその点を詳細に記入せよ、などの形にです。
そうすれば顧客の生の声として情報の精度も向上しますし、顧客情報一つから全部署で課題共有も可能です。
また、顧客の商品に対する声を確認してマネジメントに生かすことも可能です。
このように顧客情報の記入プロセスを工夫することで情報を生かすことと蓄積することができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る