本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで成功プロセスを可視化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで成功プロセスを可視化する!

SFAで成功プロセスを可視化する!

SFAはSales Force Automationの略で営業支援を目的としたクラウド型のシステムです。
クラウド型のためソフトや新たな機械を購入する必要がなく、すぐに導入することが可能です。
一昔前までは顧客管理は紙媒体や各営業担当のPCに頼り本人以外は参照することが難しく担当がいなければ営業の進捗から顧客との商談まで何も分からないということがよくあったのですが、SFAを導入することにより顧客管理と同時に商談の中身などの詳細情報を書き込むことができるため他担当でも参照が容易です。ですので顧客から担当不在時に電話があっても応対に困ることがなく、営業の円滑化に繋がります。
情報は同じ部署内だけでなく他部署、ひいては会社内であればどの部署でもPCのボタン一つで見ることができるため別部署に既得意顧客から連絡があっても応対をスムーズにすることができます。これは企業側、顧客側、双方にメリットのあることです。また、顧客にとっては別部署に電話をした時に新規顧客のような対応をされると印象が悪いものですが、「何時もお世話になっております」の一言で切り出されると好感度が上がるものです。そこにスムーズな応対がつけば今後の顧客との関係にも影響を及ぼします。もちろん良い方の影響です。
これだけでなくSFAには他にも有用な機能が多数あります。
見積書を迅速に発行できる機能や営業プロセス、成功事例、失敗事例をデータベース化して可視化する機能、経営戦略やプロジェクトの目的を明確にする機能なのです。SFAにはかなりの機能があるので上手く使えば営業を効率化してくれることでしょう。しかし多機能ゆえに全ての機能を使おうとすると情報入力に時間を取られてしまいかえって効率が悪くなってしまいます。
機能の取捨選択を行うこと、自社にとってどの機能が必要なのか見極めることが重要です。
また、顧客情報の書き込みの際にも箇条書きにすることや文末に担当名を書き加えることなどを社内でルール化すれば機能の取捨選択との相乗効果でかなりの営業効率のアップを見込むことができます。

この他に、SFAには情報の共有化により普段は顧客と接する機会のない部署が現場ヒアリングを見ることができるというメリットがあります。
顧客情報を集めてくるのは多くの場合営業担当部門です。また、顧客情報を入力するのも自然、営業部門が行うことが多いでしょう。その際に営業の成功例や失敗例と共に顧客の生の声を記入するようルール化するのです。
そうすれば製品の成功点や改良点がすぐに見えてくるはずです。名前の声を参考に新たなサービス、製品作りをすれば利益面や評判の上で成功する可能性も高いでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る