本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで正しいマーケティングと施策実施を!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで正しいマーケティングと施策実施を!

SFAで正しいマーケティングと施策実施を!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業方法や営業理念を元に生まれた総合的な営業支援システムです。
今まで多くのソフトに分散されていた機能がSFA一つにパッケージングされており、営業支援だけでなく全ての業務の支援に転用することが可能です。
導入に際しては特別なことは一切必要ありません。
機材の購入やPCの追加購入も不要ですし、特別なソフトもいりません。インターネット回線と業務用PCが部署に一台あれば問題ありません。
SFA自体に会社の業務に必要な機能がほとんど詰まっていると言えますので、そのインターネット回線とPCだけで会社の業務を回すことさえ可能です。使い方次第でSFAは多くの仕事を肩代わりしてくれ、また、負担を減らしてくれます。
インターネット上でお馴染みのクラウド型システムであることから支店や部署を越えてシステム上の情報は共有されるという特性は当然ありますし、クラウド型ゆえに使い方は非常に簡単です。システムと言う言葉に苦手意識を持つ社員さえすぐにスムーズに使いこなすことができるようになるでしょう。

SFAには書類作成などの多くの機能が備わっており、全てを使いこなそうとするとかえって時間の無駄になります。
自社にとってどんな機能が必要なのか、どの部分をシステムで補いたいのかを見極めたうえで使途を定めることが重要です。
むしろシステム自体の導入より使途を定める方が難しいとさえ言えるでしょう。
しかし目的を定めさえすれば、SFAは強力な味方になり業務が一気に早く効率的に進むようになります。
例えばSFAの導入目的がマーケティングであった場合、機能を顧客情報管理と顧客情報の運用、共有に絞れば良いでしょう。
営業がヒアリングした顧客の生の声を顧客情報に書き込むことにより全ての部署で共有するのです。
今まで顧客の生の声はアンケートやキャンペーンなどで集めることが多かったのですが、営業が顧客と応対し生の声を聞いているならこの情報を使わない手はありません。SFAの情報共有機能を使えば普段ほとんど顧客と接する機会のない商品開発部門や製造部門も営業の集めた顧客情報と顧客の声を参考にすることができます。
どんな顧客がどんな製品を望み、どんな改善点や疑問点、要望を持っているのかをマーケティングにより積極的に集めようとしなくても営業活動により自然に集めることができれば会社にとってこれほど嬉しいことはありません。
マーケティング情報を参考に施策実施し、営業によってまたマーケティング情報を集める。
この繰り返しにより自然と情報収集は行われ、全ての部署の業務の効率化に繋がります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る