本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで現場の失敗例を共有する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで現場の失敗例を共有する

SFAで現場の失敗例を共有する

SFAは多機能の営業支援システムです。
かつては紙や個別の営業用PCに保存されていたデータをインターネットを利用することにより一つの部署単位ではなく会社内全てで共有することができ、顧客情報の整理や事例の整理、営業プロセスの可視化など営業にメリットがありかつ望むものがほとんど機能として備わっています。
SFAを利用して顧客情報を管理することにより既得意、新規、見込みを問わず詳細な情報を書き込むことができ、PCのクリック一つでそれらの情報を即座に参照することができます。つまり、営業担当が不在でも別営業担当が情報を参照することにより即座に延慶を引き継ぐことができ、また、何時も取り引きをしている部署とは別の部署に顧客から連絡があったとしても自社と何時からどのようなつき合いがあるかを参照することにより適切な対応をすることができるわけです。
また、営業のマニュアルを作成するために印刷機をフル稼働させる必要はなく、これもクリック一つで必要な情報を呼び出すことができるようになります。分からないことや疑問に思ったこと、営業の対応で見込み客にどのような対応をしたら良いか迷っている時などは事例をSFAで可視化しておけば参考にできますし、各部署ごとの管理者が営業の進捗を確認することも容易です。
情報の共有化という意味でもSFAは重要ですが、仕事の進捗を確認することや仕事をスムーズにするためにも大いに役立つのです。可視化されすぐに呼び出せ共有できる、営業においてSFAの意味は大きいと言えます。

また、SFAを活用することによって有益なことが他にもあります。
それは現場での失敗例を顧客情報に記載したり事例としてまとめることによって共有化できるということです。
現場での失敗は重要と認識されない場合は他部署と共有されたりしません。
ですがSFAの顧客情報に書き込みを行い、トラブルに発展した場合は事例としてまとめますと他部署も容易に参照することができます。
失敗例は営業の失敗という意味だけでなく商品の改善ひいては会社の方針の改善をする上でも重要です。
営業部門は顧客と直に接する部門です。
営業担当が得た情報を製造部門や企画部門が参照して検討、情報の擦り合わせを行うことにより今後の商品開発に繋げて行くことは重要です。失敗例は成功の母とさえ言えるでしょう。
成功例、失敗例に関わらず情報を全ての部署で共有できる意義は大きく、情報を省略せずに入力することによって今までは認識さえされていなかった問題点やセールスポイントが明らかにされることもあるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る