本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで訪問件数とアポイント数を管理!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで訪問件数とアポイント数を管理!

SFAで訪問件数とアポイント数を管理!

SFAとはアメリカ型の営業理念、営業スタイルから生まれたシステムでSales Force Automationの略です。
クラウド型のシステムであることから初心者でも比較的覚えやすく、導入の際には特別な機械やソフトの購入などは一切必要ありません。また、追加でPCを購入する必要もありません。会社にインターネット環境がありかつ業務用のPCが一台あれば運用は可能です。
SFAを使うことにより今までは大変だった部署間の連携がスムーズになります。
なぜならSFAには部署を越え、支店を越え、地域を越えて同じ会社の社員であれば情報を共有できるという特徴があるからです。
これは非常にメリットがあることです。
また、情報を共有という面だけでなく、SFAには営業を支援するための多くの機能がありますので合わせて使うことにより業務の効率化、早さは絶大のものとなります。

SFAには書類の作成機能があります。
文章を作成するというより見積書や仕様書などの営業に必要な書類をそれぞれピンポイントで作成する機能ですので、書類それぞれに対しソフトやテンプレートを用意する必要がなくなります。また、営業が外回り前に簡単に多くの見積もりを書を作成できる点は時間や顧客との急な応対という面では素晴らしい機能と言えるでしょう。
それだけでなくSFAは基本的に全ての社員で情報を共有できるという特徴がありますので、広島の顧客Aに対し作成した見積書を東京の支店でも確認できるというメリットがあります。住所は広島ですが現在は多くの会社が日本の各社に営業所や支店を持っています。本社は広島でも支店である東京に置くために商品を購入したいというのであれば顧客の利便性を考えて広島と東京で情報を共有した上で契約のために動くべきでしょう。
今までは紙媒体や個人PCに顧客情報や商談の進捗が保存され情報の共有を行うだけでも時間を作って擦り合わせを行わなければいけませんでしたが、SFAを活用することによりその手間がなく、部署と支店間の連携を強化しかつスムーズにすることができます。

また、顧客情報もSFA上で管理され、共有されます。
顧客情報は見込み顧客、新規顧客、既得意顧客という形で情報の整理もできますし、それぞれの営業担当の管轄ごとに分けることによって一日の訪問件数から月間の訪問件数、アポイント数まで詳細に把握することができます。
訪問件数が多いのに契約には結びつかないなどの各担当の弱点や、訪問件数は少ないがその後の顧客から反応が多く寄せられ契約に結びつくなどの強みも見えてくるはずです。
SFAを使うことにより管理職は営業担当それぞれに確認することなくアポイント数や訪問件数、弱点や強みを把握し適切な指示をすることができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る