本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで課題を解決し営業改革を!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで課題を解決し営業改革を!

SFAで課題を解決し営業改革を!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業方法や営業理念を取り入れて生み出された営業支援システムです。
今まで多くのソフトに分散されていた機能が一つにパッケージングされたようなシステムで、SFAだけで書類や会議資料の作成、営業戦略の分析や顧客情報管理、営業の進捗管理などほとんどの営業部門の業務を行うことが可能です。また、過去の事例をデータベース化したりリストアップやカテゴリ分けなども簡単にできるので営業部門だけでなく他部門も積極的に活用することで業務の効率化が可能となる充分にメインとして使えるシステムとも言えるでしょう。
システムはクラウド型を採用しており、インターネットでお馴染みのシステム形態であることからITに苦手意識を持つ者や新入社員でもスマートフォンを扱えるならすぐに操作を覚えることができます。導入に際しては特別なソフトや機材は一切必要なく、インターネット回線の整備を行い業務用PCが一台あればすぐに運用が可能です。極端な話、SFA環境と顧客に書類を印刷するためのコピー機が一台、それから営業が一人いれば営業部門そのものを回すことも可能です。
また、クラウド型システムの特性である離れた場所、離れた人同士で情報を共有できるという利点もあります。
北海道支店で作成した仕様書を沖縄支店が即時に確認し共有できますので、各支店間で情報を利用し合い、資料を参考にし合い、書類を使い合う関係を構築することが可能です。
上手く運用すれば驚くほどに業務が効率化し、また、雑務がどんどん不要となるでしょう。

また、SFAはクラウド型のもう一つの特性であるデータを積み重ね保存するという面でも有用性を発揮します。
例えば顧客情報管理機能に営業が行った顧客からヒアリングした生の声を記載することによりアンケートやプロジェクトを企画して積極的に集めなければならなかった顧客の意見を営業と同時並行で収集することが可能です。苦情は営業部門や事務部門の課題解決の糸口になりますし、商品への感想は商品開発部門の課題解決に大いに貢献することでしょう。
これによりプロジェクトやアンケートに多額の予算を割り当てる必要がなくなります。予算面の課題解決にも顧客情報を部門間で共有することで役立つことになるのです。
また、積み上げた情報をSFAの情報分析機能を用いて経営戦略の面で検討を行えば、営業改革のみならず会社自体の課題解決の答えが割り出せることでしょう。また、過去の情報を保有することで情報は継続性を持ち、比較検討を行ったり、過去と現在の連続した状況がどう変化したかを分析する資料にもなります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る