本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAで返答待ちを管理し営業プロセスを可視化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAで返答待ちを管理し営業プロセスを可視化する!

SFAで返答待ちを管理し営業プロセスを可視化する!

SFAとはアメリカ型の営業思考、方法から生み出された支援システムでSales Force Automationの略です。
営業支援システムと銘打たれてはいますが機能が非常に多いため、書類の作成から顧客管理まで営業に必要な仕事を全てシステム上で行うことができます。支援システムではありますが、顧客との応対以外はシステム一つでできるためメインとして活用できるシステムと言えるでしょう。
また、システムはクラウド型で、インターネット回線と業務用PC一台があればすぐに運用が可能です。
今まで個々のソフトに分散されていた各種機能を一元化したようなシステムでもあるため、極端な話、PCとインターネット回線、コピー機、それに営業担当が一人いれば十分に営業部門として機能することになります。
導入に際しては特別なSFA用ソフトや機材も必要ないですし、インターネットでお馴染みのシステム形態ですのでスマートフォンを使っている社員ならITに苦手意識を持っていてもすぐに使いこなすことができます。
システム上で社員全員が部署や支店を越えて情報を共有できるクラウド型システムとしての特性を備えているため、地域を越えた支援と業務の共同、情報の共有が可能となります。
使いこなせば驚くほどに仕事が効率化されるシステムと言えるでしょう。

SFAには書類作成機能や営業戦略を可視化する機能、営業成績を分析する機能などの多数の機能がありますが、その中でも特筆すべき機能は顧客管理機能でしょう。
一昔前までの顧客管理は各営業担当ごとに行われ、同じ営業担当であっても他の者の顧客情報にはノータッチという場合が多かったのです。また、管理方法も営業担当それぞれに委ねられていたり、部署としての方針が定められている場合であっても共有化は視野から外された紙媒体や個別PCに保存という形式でした。
ですから担当が休みを取っている際に有力は見込み顧客から連絡があっても営業の進捗など分からないわけですから、担当が出社したら連絡するという形で話を切り上げ、運悪くライバル他社に見込み顧客を奪われるということさえありました。
また、返答待ちの顧客が急いで契約したい旨を連絡しても担当が席を外しているばかりに契約の諾成ならずということもありました。
ですがSFAの顧客情報管理機能を使えば営業担当全て、他部署全てが顧客情報を参照し適切な対応をすることが可能です。
この機能により営業プロセス自体も変わってくるでしょう。
返答待ち顧客などにカテゴライズすることによって情報を共有した他部署に連絡があっても一押しをして契約に結び付けることができます。つまり、この一押しを営業プロセスの新たな形態として組み入れることが可能になるのです。
また、SFAを利用することで、営業プロセスの無駄を削ることや多数部署が協力して動くことを視野に入れた営業プロセスを構築することも可能になるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る