本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAにて適切な営業プロセスとマネジメントを判断する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAにて適切な営業プロセスとマネジメントを判断する!

SFAにて適切な営業プロセスとマネジメントを判断する!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業方法や営業理念をベースに構築された営業を支援するためのシステムです。
今まで色々なソフトに分散されていた機能を一つに統合したようなシステムで、SFA一つに多くの機能が詰まっています。
営業支援といってもSFAでは書類の作成や営業成績の分析、アポイント管理や顧客情報のカテゴリ分けまで多くの機能でもって業務が可能ですので、支援に留まらずメインとして使用が可能です。また、営業部門だけでなく事務部門や企画部門、ひいては製造部門でも積極的に活用することにより業務の効率化を図ることが可能になります。
機能が多いわりに導入に際しては特別なソフトや機械を購入する必要もなく、インターネット回線に業務用のPCが一台あればすぐに使用することが可能です。また、クラウド型システムですので新入社員やITに苦手意識を持つ社員でもスマートフォンの操作ができればすぐに使いこなすことができるようになります。
機能の多さや運用の手軽さからSFAを導入するだけで紙媒体の資料や個別のデータファイルが不要になるため、業務の効率化がなされる前にデスク周りの効率化、スマート化がなされることでしょう。
また、クラウド型システムとしての特性も当然備えているため、システム上に社員の誰かが置いた情報はどれだけ離れた支店であってもボタン一つで簡単に検索可能、共有可能です。青森支店が商談のために作成した資料を佐賀支店でも参照の上で活用可能なため、本社がシステム上に重要な商品仕様書や書式などを置くことによって全ての支店がそれらを作成するプロセスが省けることでしょう。
また、会議やコンプライアンス研修に際しては資料を人数分印刷する必要はなく、これもシステム上に置けば各自閲覧の上参加することが可能になります。通達や営業プロセスなども同様です。
機能やシステムの特性を把握した上でSFAを活用することにより非常に優れた効果を発揮し、プロセス自体の効率化に貢献するのがSFAです。

SFAの活用法はこれだけではありません。
情報の共有、また、社員の誰かがシステム上に置いた情報は社員全てが閲覧可能であるという特性を活用すればもっと色々なSFAの利用法が考えられます。
営業がヒアリングを行った顧客の情報や商品に対する生の意見を顧客情報に記入することにより経営戦略を立てるべき役員すらも手軽に情報を把握することが可能です。現場の生の声は意識して上げてもらうような動きを作らなければなかなか上がって来るものではありませんでしたが、顧客情報の共有を行えばどんな声があるのか、どんな改善点があるのかを参照し組織作りや企業成長のための資料として経営戦略面においても積極的に活用することが可能です。
また、マネジメントや組織の業務プロセス作りの資料にも転用可能です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る