本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAによって営業プロセスと受注を管理する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAによって営業プロセスと受注を管理する!

SFAによって営業プロセスと受注を管理する!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業における理念や思考を取り入れた総合的に営業を支援するシステムのことです。その機能は実に充実しており、営業のために必要な機能が一通り揃っています。
また、システムはインターネットなどで既に馴染みのあるクラウド型ですのでPCの特殊なシステムに慣れていない初心者でも簡単に使いことなすことができます。導入の際には機材やソフトの購入は不要で、SFAを活用する部署にインターネット環境が整っており、業務用のPCが一台あれば問題ありません。
このSFAの機能を上手く活用することにより、今まで色々なソフトややり方に分散していた営業を一元管理することができます。
ファイルに膨大な営業資料を抱える必要がなく、PCが一台と印刷機があればほとんどの業務をこなすことが可能になります。

SFAの特徴は情報を共有できることです。
今まで顧客情報は営業担当が個々に自分のやり方で管理することが多く、場合によっては同じ見込み顧客に声をかけチームで取り組むはずの営業活動に軋轢を生んでしまったり、同じ顧客に二度声をかけている間に他の有望な見込み顧客を逃してしまったり、部署間で顧客の取り合いや顧客情報が異なっていたりということが少なくありませんでした。
こうした無駄や軋轢は営業や会社の業績にマイナスになりこそすれ、決してプラスにはなりません。
しかしSFAを導入し情報を一元管理すればA部署とB部署がそれぞれ手に入れたC顧客の情報を共有することができます。
加え、AとB両方が顧客にヒアリングを行い収集していた情報ですから、まとめ上げればかなりの情報量を二つの部署で共有できると言えるでしょう。後は部署間の軋轢を生まないためにどちらが顧客との直接応対にあたるか、フォローに回るかを調整するだけです。この二部署が広島と東京に分かれていて広島に顧客がいるなら広島がメインで商談を行い適宜東京の大きな部署がフォローに回るということも容易です。
また、こうして部署と部署が同じ顧客を相手にする場合の営業プロセスをデータとしてSFA上に置けば今後同じ問題が起きた時にすぐに二つの部署でタッグを組んで営業に移ることができるでしょう。
顧客情報の共有という面も大事ですが、営業プロセスの共有という面でもとてもメリットがあるといえます。
広島と東京の部署がそれぞれまったく違った営業プロセスを構築してしまえば同じ会社の仲間であっても円滑に動くことができないからです。

社内の営業プロセスを明確化し、顧客情報と共に共有する。
このようにSFAを活用すれば自然と業務が効率化され受注も増えることになります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る