本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAによって営業活動を自動化する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAによって営業活動を自動化する

SFAによって営業活動を自動化する

SFAは、営業活動の効率を良くして、生産性を上げる目的で作られた情報システムで、1990年代にアメリカで注目されるようになります。
そして、1990年後半には日本でも知られるようになります。
SFAは、トップダウンというアメリカ特有のビジネスモデルをベースにしており、営業慣習の違いなどから、日本企業でスムーズに受け入れられたわけではありませんでした。
アメリカでの営業活動は、マーケティングの中のプロモーションのひとつと位置づけられています。
マーケティングの担当者が自分の考えどおりに営業を動かすというやり方で、営業をオートメーション化して、営業活動の自動化を目指すものです。
一方、日本では、営業が大きな権限を持っていることが多いのです。
営業がそれぞれ自分の考えで創意工夫して営業を行っており、営業をオートメーション化するというSFAが日本の企業文化に浸透するには、時間が必要だったのです。
SFAでは、営業担当者のところで留まっている有益な情報を、情報システムによって共有します。
有益な情報を、情報支援システムで共有化することで、営業活動を促進させることができます。
2000年前後になると、情報端末によって営業活動も変化し、SFAの普及が急速に進みます。
最近では、営業担当者が情報を参考にして活動できるように、携帯端末などで利用できる営業支援ツールが使われています。
顧客の管理をする顧客管理システムを大きく分けると、SFAとCRMに分けることができます。
SFAは営業のための支援システムで、CRMは顧客管理です。
SFAは、営業担当者の行動を管理して効率化することを目的にしており、CRMは、顧客の情報を活用することで優良な顧客を増やし、ビジネスを成功に導くことを目的にしています。
SFAには多くのメリットがありますが、その1つが日報の共有です。
他の人の日報を共有することで、優秀な営業担当者の行動を分析でき、良い部分を吸収することができるのです。
また、営業支援システムに日報内容を入力することで、日々データが蓄積されていきます。
データを見れば、営業担当者が効率良く営業をしているかどうかの分析が可能です。
営業担当者に多い不満の中に、上司が自分の営業活動を見ていないというのがあります。
しかし、営業支援システムを活用することで、営業担当者の活動は全て情報システムで共有されるため、自分の営業活動を上司にアピールすることができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る