本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAによる顧客情報管理

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAによる顧客情報管理

SFAによる顧客情報管理

現代社会において、企業は膨大な業務データを使って、数多くの取引先や顧客との取引を行っていくことになります。 営業担当者は、取引先や顧客によって売り込む商品やサービスが異なり、顧客や取引先の要望が異なることが多々あります。 このような顧客情報の管理を行なうには、紙でファイリングして資料を作成していくだけでは非効率になってしまい、販売の機会を逃してしまうことがあります。 SFAは営業担当者の営業活動を支援する為のソフトウェアであり、各種業務データの管理を行っていくことが可能です。 SFAにはクラウドタイプやパッケージタイプがありますが、すぐに機能を使いたい場合にはクラウドタイプの方が利便性が高く、利用者に使いやすい設計になっています。 SFAの機能を活用しますと、部署毎の売上データを基にした表やグラフ、ランキングなどを作り出すことができ、レポート作成やプレゼンテーション資料として利用することが出来ます。 顧客情報は、営業担当者毎に顧客リストを所持していることが多いですので、企業や部署内で顧客リストや情報を共有出来ていないことが多々あります。 このような状況を改善する為においても、営業支援ツールの導入は効果的です。 顧客データの管理は、既存の顧客や禁止顧客への営業を行わないようにする為にも必要なことです。 顧客への新規営業が担当者達の間で被らないように、スケジュールを管理しておくことも大切なことであり、営業支援ツールには担当者のスケジュールを一元的に確認出来る機能も搭載しています。 企業が行なう営業活動は、業種毎にアプローチが異なってきますので、企業は営業担当者の一日のスケジュールを把握しておくことは、営業活動の効率を上げる為にも重要です。 クラウドタイプのSFAは、スマートフォンやタブレット端末にアプリをインストールしたり、Webブラウザでアクセスしたりすることで各種データの確認を行なうことが出来ます。 競合相手との競争に競り勝つ為にマーケットでの相場や競合状況などのデータを即座に確認する体制を整えることが、SFAを導入することで可能になってきます。 従来の営業活動では、在庫確認やマーケット情報の取得などを行なうには、会社に戻って確認する必要でしたが、システムをクラウド化することによって、会社に戻る手間を省くことができ、新規顧客の開拓に力を注ぎやすくなっています。 SFAの各種機能を使いこなしていくことで、営業活動をより一層実りのあるものにしていくことが出来ます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る