本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAのITコンセプトと代名詞は効率化!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAのITコンセプトと代名詞は効率化!

SFAのITコンセプトと代名詞は効率化!

SFAはSales Force Automationの略で、アメリカ型の効率性と管理性をITコンセプトに生み出されました。
アメリカの営業のような効率性を代名詞に生まれたシステムとも言えます。

SFAは今まで種々のソフトに散っていた機能を一つにパッケージングしたようなシステムで、これ一つで書類の作成から顧客の管理、営業進捗の管理まで全て行えます。
営業支援システムと銘打たれてはいますが、支援だけでなく営業のメインとしても使えるシステムです。
また、クラウド型システムの特性であるシステム上での情報共有も同様に行えることから、営業担当と営業支援の事務担当が情報を共有し合い同じSFAというシステムでもって繋がる形になります。
これは連携を強めることに繋がりますしいお互いの業務の進捗を確認し合い、仕事をシステム上で共にこなすことができますので大きな効率化と言えるでしょう。
他に営業担当同士が情報を共有することにより同じ顧客をターゲットに支援とメイン営業という形で共同して動くことも可能です。
かつてはこうした作業を行うためには時間を作って情報の擦り合わせを行った上で動かなければなりませんでした。
また、それぞれの担当が所有している情報を支援する事務方や協力すべき営業担当の仲間に開示した上で協力を要請しなければなりませんでした。
その点、SFAは優秀です。
作成した書類や顧客情報を同じ社内であれば支店や部署を越えて共有することができますので、あえて情報共有のための時間を必要としません。また、個々の担当が個別に管理していた情報をSFA上でルールを作って管理すれば、担当自体が休みを取っている日にも情報を引き出すことは容易です。
そうすれば顧客との応対を担当が不在でも引き継ぐことができますし、どうしても担当がいなければできない商談でも適切な応対が可能になるというわけです。
これは顧客、営業、電話応対する者、全ての者にとって大きなメリットです。
情報を共有すれば仕事も効率化されますが時間も効率化されるということです。
SFAのコンセプトがアメリカ型の効率化であると同時に代名詞であることがよくお分かりいただけると思います。

営業は書類作成から顧客との応対まで全て一人でこなすわけではありません。
必ず仕事の上で顧客との繋がりがありますし、他部署との連携が必要になります。
SFAの代名詞は効率です。
代名詞通りに、このシステムを上手く活用することにより仕事だけでなく時間までも効率化することができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る