本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAのマーケティング機能で今後の施策策定を

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAのマーケティング機能で今後の施策策定を

SFAのマーケティング機能で今後の施策策定を

マーケティングはものを売るためには、必要で営業における計画を補完することは、当然のことです。まったく購買が期待できないところに飛び込みで営業することは無謀ですし、時間ロス、経費ロスで業績にもいい影響はありません。一般的にマーケティングは、リサーチ会社に調査を依頼して行うことや会社にリサーチ部門をもっているところもありますが、どうちらも経費が掛かりますし、意外に専門性がなく的が外れることさえあります。

こうした課題への対応としては、意外に思われかもしれませんが、実は営業支援ツールであるSFAを使用したほうがいいことがあります。営業支援ツールにどうしてマーケティングができるのかとの疑問もありますが、SFAは現場営業マンから携帯端末により、営業に特化した項目報告をうけて、それをクラウド上で情報処理して、分析して各自が情報共有し、ビジネス成功までの工程を互いに確認し進めていけるものですので、ここで注目したいのが、現場で得た生のニーズの情報分析です。SFAは、管理営業などで得た顧客から得た情報も入力しますので、これを客観的に分析して、点を点を結んでひとつの意味ある情報に加工することも可能ですのでで、市場ニーズをよく反映した情報により生きたマーケティングの手法を取れることができます。
営業した現場からとったものなので、顧客のニーズが明確に表れていることは当然です。

他方リサーチによるデータは、調査対象すべて顧客になる適性をもったサンプリングを行っているとは言えず、現場の生の要望を加味しきれていない可能性もあり、あくまでも統計手法に基づいたものなので、的はずれを生む恐れもありますが、SFAでは現場サイドに即した意見なので、マーケティングの濃い内容が抽出できているので、この分析を使って今後営業企画、および施策策定に役立てる事ができます。

このようにSFAを単なる現場営業支援のためのツールと捉えるのでなく、その機能活用することによって、マーケティングや企画にも力を発揮し、いままで調査に掛けていた膨大な費用と時間は、いかに無駄なものがあったかと認識できます。またSFAのマーケティング機能による分析内容は、その精度が高いゆえに、現場サイドから提案による施策策定の根拠になりえるので、より適切な営業力強化に繋がりますので、業績の安定性や発展性を産むことは間違いないので、このマーケティング機能をフルに使うべきです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る