本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの使用目的の一つが営業情報管理

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの使用目的の一つが営業情報管理

SFAの使用目的の一つが営業情報管理

SFAとは営業を支援するシステムです。
インターネットを利用することで一部署、一社員だけで管理していた情報をクラウド型のシステムに蓄積し誰かが入力や保存を行うと一部署だけでなく会社内全てで情報を共有することができます。クラウド型ですので新たに機材やソフトを購入する必要もなく、PCが苦手な人も簡単に操作を覚えることが可能です。
このSFAは実に多機能であり営業のために必要な機能、事務の効率をアップさせる機能が盛り込まれています。
有効活用することで一気に仕事効率自体がアップし、今まで大変で多くの時間を必要とした業務も簡単にこなすことができるようになります。
そう考えると、会社全体を効率化、スマート化させるシステムと言えるでしょう。

SFAの何より優れている部分は顧客情報の管理です。
一昔前まで顧客情報は各営業担当が個人用PCに保存したり、紙媒体で部署ごとに保存したりしていました。
ゆえに部署を越えて顧客情報の共有をすることが難しく、また、同じ営業部門の営業同士であっても時間を取って擦り合わせを行わなければ顧客へのヒアリング内容を共有することも非常に難しいことでした。しかしSFAで顧客情報を管理すれば、情報入力をしなければならないという手間は有りますが一度入力すればその情報を会社全体で共有することができます。情報の確認もPCのボタン一つです。
顧客情報の共有には大きなメリットがあります。
営業担当が吸い上げた見込み顧客、新規顧客、既得意顧客問わず詳細な情報は営業や今後のサービスに繋がります。また、情報を共有するということは顧客の満足度、高感度に直結するのです。
考えてみてください。
顧客からのヒアリング内容が共有されておらず、顧客に各関連部署ごとに何度も同じ内容の確認やヒアリングを行ってしまったら当然ですが顧客は怒ります。それだけでなく情報の共有がきちんと行われなかったせいで部署と部署の連携がとれず顧客が希望した資料の送付がすぐに行われなかったとしたらそれだけでチャンスを逃すことになります。
営業情報を共有することでチャンスを確実に物にし、掴むことができるのです。
SFAの使用目的が主として顧客管理である場合もあるでしょう。この顧客情報の管理機能はとても便利で有用なものなのです。

ですが、一つだけ注意点があります。
顧客から吸い上げた情報を何でも共有化していいというわけでもりませんし、使用目的はきちんと決められるべきものです。
使用目的を定めて情報を収集すべきと言い換えてもいいでしょう。情報の取捨選択はきちんと人間の手で行われなければなりません。
使用目的をはっきりさせた上で情報を収集することとSFAの機能を最大限に利用することで営業の効率化を図りつつ部署と部署の連携を強固にすることができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る