本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの使用目的は顧客対応力をアップすること

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの使用目的は顧客対応力をアップすること

SFAの使用目的は顧客対応力をアップすること

営業職の人は多くのお客様と商談を行うことが必要な仕事です。お客様と会って次々に商談をまとめてこなければいけません。多くの営業マンはどのようにしてお客様と会う回数を増やすか頭を悩ませていることでしょう。それを解決するための有効な手段の一つとしてSFAの導入があります。

SFAとはSales Force Automationの略で、日本語にすると営業支援システムです。その使用目的は営業に関する様々な問題を解決することです。たとえば客先に出向くときの移動中はなにをしているでしょうか。車での移動なら運転するしかありませんが、電車を使う場合はぼんやりと車窓を眺めている人も多いのではないでしょうか。また、約束の時間に早めに着いたときは喫茶店に入って時間をつぶすということもあるかもしれません。この時間を商談の状況を確認したり会社への報告書を作成するために有効活用することができれば、時間を大幅に節約することができます。

外出先での空き時間を有効活用するのにSFAを活用できます。どこにいても電波がつながってさえいればスマートフォンやタブレットで報告書の作成ができます。必要なデータに簡単にアクセスできるため、次の商談に必要な情報が瞬時に手に入ります。会社に帰ってからの社内業務が大幅に削減されるため、帰宅時間を早めることもできます。また、それだけ長い時間営業活動ができるため、より多くの客先を訪問できるでしょう。

SFAの使用目的はそれだけではありません。たとえば優先して訪問すべきお客が分からず、優良な顧客に対する対応が遅れてしまったということもあるでしょう。そういった問題はアラート機能などを使って未然に防ぐことができます。そうすることで商談成立の見込みが高い顧客を逃さずにすみます。

営業マンをまとめる管理職にもメリットがあります。誰がどの顧客と商談をしているか、また、どこまで商談を進めているかについての情報が簡単に検索できます。問題を把握したらすぐに指示を出すことも可能です。営業マンが異動になった時も、引継ぎが容易になるでしょう。

SFAの主な使用目的は顧客対応力のアップにあります。雑務にかかる時間を大幅に節約してお客様と会う回数を増やし、情報を整理して質の良い商談を行えるような環境を作ることを使用目的としています。効率よく商談をまとめて、自分の時間を確保し、ワークライフバランスを実現していきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る