本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの使用目的を絞り営業環境を整える!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの使用目的を絞り営業環境を整える!

SFAの使用目的を絞り営業環境を整える!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ式の営業戦略、営業思考をベースに生み出された営業支援システムです。
極めて多機能であり、営業支援が目的でありながら業務のメインとして使うことが可能です。SFAの中に書類作成や顧客情報の管理、営業マニュアルの可視化機能、営業の進捗管理機能などのこれまで別々のソフトやPCで行っていたことが全て集約されていますので、このシステムを使いこなせれば営業部門がこれ一つで稼働可能になります。
導入に際しては特別な機材やソフトも必要なく、PCが一台あってインターネット環境が整えられていればすぐに運用可能です。
つまりSFAシステム一つで業務が可能なところにSFAの運用をするためのPCが一台で足るわけですから、極端な話、デスクの上にPC一台で営業部門足りえるわけです。後は書類の印刷用にプリンターが一台あれば足ります。
このSFAを使いこなせるかどうか、どのように使うかで営業部門の効率化、スマート化の度合いが驚くほどに変化します。

SFAは機能が多いため全てを使おうとすると膨大な時間を要するためかえって営業を圧迫します。
ですから業務の効率化を行うためには使用目的を絞る必要があります。
例えばSFAには優れた書類作成機能がありますが、この機能を使わず既存のソフトを使うことも可能です。
長年使ったソフトやテンプレートが見やすくて顧客の評判が良いと言うのであれば無理に変更する必要はありません。
むしろ無理な変更を行うことにより使い方を覚えるという点で時間の無駄が出てしまいます。
ですが今までの作成方法ではかなり時間がかかっていたというのであれば覚える時間は必要になりますが、書類作成の手間を省き時間を効率的に使うためにSFAの書類作成機能へと切り替えを行っても良いでしょう。
このように取捨選択を行い使用目的、使用する機能をはっきりさせるのです。
この他にもSFAには顧客管理機能があります。
今までは部署ごと、担当ごとにそれぞれ付き合いのある顧客や見込み顧客を管理していたという方法が多かったでしょう。
ですがSFAの顧客管理機能を使えば全ての部署、全ての支店で情報を共有可能です。
顧客管理に心を砕いていたというのであれば使用目的を顧客管理機能だけに絞ることも可能です。
使用目的がはっきりすればそれだけで九割方システムを使いこなしているとさえ言えるかもしれません。
このシステムに何を望み何がしたいのかがはっきりすれば営業環境も自然と整備され成果に繋がることでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る