本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの価値は営業の仕組みの効率化にある!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの価値は営業の仕組みの効率化にある!

SFAの価値は営業の仕組みの効率化にある!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業理念と方法をベースに生み出されたシステムです。
インターネットでお馴染みのクラウド型のシステムであることから初心者でも使い方を覚えやすく、導入の際も特別な機材を用意する必要もソフトの購入も必要ない経済的かつお手軽さです。
また、インターネット回線が整備されていて業務で使うPCが一台あれば運用することができます。
このSFAは非常に多くのシステムを備えており、きちんと使いこなすことによって価値を発揮します。
その価値とは無駄の多い営業の仕組みそのものをスマート化、効率化できることです。

まずSFAはクラウド型のシステムであるため社員の誰かが入力した情報は例え北海道支店と沖縄支店という距離の離れた支店同士でも瞬時に共有できるという特徴があります。
その上でSFAには営業成績や戦略の分析機能や顧客情報管理機能、書類の作成機能などがあります。
また、情報を共有できるというシステム自体の特徴を使えばコンプライアンス資料やプロジェクトの資料をメール添付で送信する必要なく、すぐにチーム全員が確認することが可能です。
極めて多機能なシステムと言えるでしょう。
ですが、多機能ゆえに完璧に全ての機能を使いこなそうとすればその分時間がかかりますのでかえって無駄が増えることになります。
自社にどんな機能が必要なのか見定めた上で使用することで営業の仕組みを効率化するという真価を発揮します。
ですからまず機能の取捨選択を行い、その上で機能を使用する上での社内ルール作りを行いましょう。

営業業務と言ってもその幅は広く、営業に付随する業務すべてを営業担当にだけ任せてしまった場合、社内に不平感が生まれます。ですが営業業務の中でも特に書類の作成や商品情報のデータ化などは営業担当ではなく事務部門に任せるなどすればこの不平感は払しょくされます。つまり、情報を共有できるという面を利用し業務を均一に分担するのです。
その上で無駄を削って行きます。
例えば営業担当が今まで営業と共に行っていた顧客情報の記入はそれぞれに管理を任せるのではなく記入ルールを定めた上でSFAで一元管理をします。ルールを決めておけば無駄なことまで記入する必要もありませんし、営業担当が顧客のどんな情報まで記入すればいいのか迷うこともありません。これも一つの効率化です。
また、その記入した顧客情報を元に顧客への契約書の発送などは事務部門が行えば仕事の量による不平感の緩和に繋がります。情報の共有ができれば二部門で協力することも容易でしょう。また、この方法を徹底すればSFAは機能の面でも価値を発揮しますし、業務の効率化の面でも大いに価値を発揮するでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る