本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの問題点の一つは経営の効果を実感できない事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの問題点の一つは経営の効果を実感できない事

SFAの問題点の一つは経営の効果を実感できない事

ネットワーク環境を利用して営業活動を効率化する事ができるSFAは、現代社会にはとても合っているサービスだという事ができます。
しかし便利なサービスである一方、うまく活用する事ができないとどうしてもその魅力自体を感じる事ができない場合も珍しくありません。
折角鳴り物入りで導入したシステムでも、気が付いたら飽きられて利用されなくなっているという事が有ります。
では、SFAを利用する上での気を付けたい問題点とは一体どういう物でしょうか。

SFAを利用する上で気を付けたい問題点の一つが、経営の効果を実感できないという事です。
正確には実感できないのではなく、実感しにくいという事になるのですが、目に見えて変化を感じる事ができない場合、それを導入したメリットがあるとはなかなか思う事ができません。
その為、本当にSFA自体が必要なのかどうか懐疑的に思ってしまう人も出てくる程です。
しかし前述したようにSFA自体はとても便利なシステムであり、営業活動を行う上では導入するメリットは十分にある物だと言っても過言ではありません。
従って、どうしてもその効果を感じる事ができないという問題点を何とかして解決する事が重要です。

効果を感じられない、実感できないという問題点を解決する為には、視覚化させる事がとても重要です。
感覚的に効果があった、便利になったと言っても今までと比較する事ができないとどれだけ変わったのかという事はなかなか分かりません。
またそういった曖昧な表現の場合、聞く人によっても感じ方は違い、ある人は効果があったと感じる事もできますが、ある人は全く意味がないと思ってしまう事もあります。
そういった感覚の差というのは、言葉で表現しているうえではどうしても起きてしまう事だと言って良いでしょう。

では、実際にはどういう形で表現すると良いのでしょうか。
その一つが変化などを数値化するという事です。
実際にSFAを利用する事によって経営に何らかの変化がある場合、それを数字として表してみると理解しやすい形となります。
またただ数字の羅列だけではなかなか分からないという場合は、グラフ化する事も必要です。
見えない物を可視化する事、これは相手に理解してもらうという点から行ってとてもメリットがある事だと言えます。
ただグラフ表示する場合もその形には充分気をつけなければいけません。
いかに変化を感じさせる事ができるのか、さらに過剰な表現を抑えて正しくその変化を表現できるのかを良く考えてグラフを作る事が重要です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る