本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの問題点の一つは費用対効果を実感できない事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの問題点の一つは費用対効果を実感できない事

SFAの問題点の一つは費用対効果を実感できない事

SFAは営業実績をアップする為にもとても必要なもので、導入するメリットは十分あると言えます。
しかしどんな素晴らしいシステムであっても、使う人が正しく理解していなかったり、正しい使い方ができない、さらに結果が良く分からないという場合は導入した意味すら疑問視されてしまう事も少なくありません。
その為、SFAに関しても上手に使えばきっと企業に対しても何らかのメリットがあるのですが、時には本当にそれを導入する必要があったのだろうかと思われてしまう場合もあります。

SFAを導入した場合、それを決定した人にとってはメリットがあるという事が十分分かっていたとしても、周りの人にはあまり理解してもらう事ができない場合があります。
その原因の一つが費用対効果を実感できない事です。
その問題点をクリアする事ができれば、もっと他の人にも理解してもらう事は可能ですが、実際にはそれを証明する事ができない為に結局はSFAを導入したのは失敗だったのではないか、必要なかったのではないかと言う感想すら抱かれてしまいかねません。
ではそういった問題点はどうすればクリアする事ができるのでしょうか。

一つはデータの収集をしっかりと行うという事です。
データを収集しておけば、実際にSFAを利用する前と利用後でどういった変化が起きたのか、どういう効果を感じる事ができたのかという事を明らかにする事が可能です。
また、ただ収集するだけでなくそのデータを公開する事、これも問題点の解決の一歩と言えるでしょう。
自分だけでなく周りの人にもデータが見られる状態にしておく事、こうして情報を共有する事によってSFAを導入したメリットを感じて貰う事は可能です。

もう一つ重要なのは、費用対効果などを分かりやすい形で表現するという事です。
データをまとめた本人は自分自身で理解したうえでまとめているので、ある程度どんな形になっていたとしても内容を理解する事はできます。
しかし実際にほかの人が見た場合、そこに何が表現されているのか分かってもらえないと結果的にはSFAの問題点の解決にはなかなかつながらない場合も珍しくありません。
従って、自分以外の人でも理解できる形にまとめる事、さらに納得できる情報を添付する事などが重要です。
そういう点についてしっかりと考えて、あらかじめ準備しておく事によって、SFAの費用対効果を実感できないという問題点は起きにくくなると言っても良いでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る