本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの失敗例の一つは飽きるという事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの失敗例の一つは飽きるという事

SFAの失敗例の一つは飽きるという事

何か良いサービスを利用する場合、利用する事ができると満足してしまって、それを上手に活用できない人は少なくありません。
その為、実際には凄く使えるサービスであるにも関わらず、実際にはそれ程高く評価されない事が有るという物も存在しています。
その一つがSFAです。
SFAとはネットワークを活用して営業活動を効率化する事ができるシステムの事で、こうしてインターネットなどが普及している現代社会にはとても合っているシステムだという事ができます。
様々な情報管理・共有もできるので上手に活用すればより今以上に営業成績をアップする事も不可能ではありません。

しかし、実際には良いシステムであるSFAにも失敗例と言うのが有ります。
その一つが飽きてしまうという事です。
飽きる、これは物事においてとても注意しなければいけない事だと言っても過言ではありません。
とても良いシステムに見える物でも、最初に導入したばかりの時は物珍しさから色々な人が利用して共有する事も出来るのですが、使い続けてみるとそれほど今の生活には必要ないのではないか、それ程面白くない、使ってもメリットをあまり感じないと言って飽きてしまう人がいます。
また、導入した事で満足してしまうと、それをより活用しようと努力しなくなってしまう事もあります。
それが失敗例の大きな原因です。

勿論人間としては物事に対していつまでも興味関心を抱き続ける事は出来ず、人によってはすぐに飽きてしまう事も珍しくありません。
しかしSFAに関して言えば、上手に活用する事ができればより便利な営業活動を行う事ができ、時間の短縮、作業の効率化も図る事ができるシステムとなっています。
だから、実際に導入する時に、ただ珍しいから、新しいものだから導入したいという風に考えて使い始めるのではなく、そのシステムの良さ、メリット、魅力等を利用者が理解する事が重要です。
また導入を進める人自身がその良さを感じる事、相手に説明できるようにしておく事などが、SFA利用の失敗を防ぐ重要なポイントだと言っても良いでしょう。

いかに多くの人に興味を抱いて貰う事ができるか、これが新しいシステムを導入する上ではとても重要です。
既存の物から変えるのには抵抗がある人もいるので、そういう人からいかに理解してもらうか、これがSFA利用時には必要だと言っても良いでしょう。
SFAの失敗例にはそういった今後上手に活用するヒントが隠されています。
失敗例の一つは飽きるという事なので、まずはそれをできるだけ予防する事も重要だと言えます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る