本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの導入プロセスではインフラも最小で小さな情報も共有

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの導入プロセスではインフラも最小で小さな情報も共有

SFAの導入プロセスではインフラも最小で小さな情報も共有

会社における営業強化に何をすればいいのかわからないことがあります。会社の事業を拡大しせっかくの売れ筋の商品を開発しても既存の営業部門では強化されていないので機能しないとなれば大きなビジネスチャンスを逃すことにもなります。といって単にアナログ的に営業マンの人員を増員するだけではなんら現実的な解決になりません。ここでなにか営業支援にシステムがないか、もっと目に見えて成果を感じれるものがないかと考えます。

そうした考えに答えるのが、SFAです。SFAは、クラウドを使った営業過程におけるデータの集積により、そのデータに基づいて営業戦略の企画、各営業マンの営業進捗状況の管理、営業マンのスキルの判定、営業で得た人脈や情報の共有などの機能を有した営業支援ツールです。導入するプロセスでは、インフラの整備も少なく済みます。たいてい導入プロセスでは、サーバーを持たないだめとの制約がかつてはありましたが、現在ではクラウドを使用するのでシステムのアプリを会社のパソコンとスマフォなどの携帯端末にインストールするだけ使えますので、SFAのソフトは、ややこしい導入プロセスを踏まずに使えます。

またSFAの情報を社内共有すれば、次のようなメリットがあります。SFAでは、各携帯端末に定型の項目に情報をいれて、それを社内の管理部でリアルタイムで見れます。そこでは備考のように小さな情報として簡単なコメントを入力でき、これも社内共有データになります。この場合、この小さな情報を入力したものにとって些細なことであっても、それが共有化されているのでその情報を有効に使えることができる別の営業マンがいった場合、例えばこの別の営業マンが自分の持つ情報と併せて商談成立までこぎつけることができたなら、この小さな情報ですれ大きな成果を生むことになります。

つまりいままで個人だけで抱えていた情報を共有化することで、活かしきれていない情報も最大限に活用させることができ、営業行為を商談成立までのプロセスが大幅に適性化されることになります。これがもしアナログ的な営業のままであれば、情報共有もうまくいかず、結局は現場営業マンの勘と長年の経験といった不確定要素によりビジネスの成果がきまることになり、不安定です。
SFAは、小さな情報も社内共有することでその情報を大きく活用させる、インフラのあまりいらないローコストで高いリターンを産む可能性を秘めた営業支援ツールと言えます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る