本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの導入目的は医療機器メーカーの製品開発!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの導入目的は医療機器メーカーの製品開発!

SFAの導入目的は医療機器メーカーの製品開発!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業や思考をベースに生み出された営業支援システムのことです。
営業に必要な多くの機能を備えており、今まで幾つものソフトに頼っていた業務をSFAだけでこなすことができます。
また、システムはクラウド型ですので難しいプログラムを使いこなす必要もなく、初心者でもすぐに覚えることができます。導入に際してもソフトや機材の購入をする必要は一切ないためとても経済的です。業務用のPCが一台とインターネット回線があれば営業に関するほとんどの業務をこなすことができますのでデスクの周りを資料や予定表でいっぱいにする必要もありません。業務がとても効率的かつスマートになります。

このSFAの最大の特徴は誰か一人が入力すると、支店を越え、部署を越え、会社内の全ての者が共有できるという点にあります。
SFAの中でも最も優れた機能の一つに顧客管理機能があります。
顧客を管理することによって、営業支援だけでなく今まで部署が個別にプロジェクトやキャンペーンを行い集めていた情報を一元化することが可能になります。また、一元化した情報を全ての部署が活用することができるのです。これは非常に有用なことです。
顧客と最も接する時間が多いのは営業担当でしょう。
会社の情報の多くは営業担当により集められていると言っても過言ではありません。
ですが今まで営業担当によって集められていた情報は営業部門で紙媒体や担当ごとに所有するPCで管理されていました。
担当によって把握していることが異なることさえあったのですから部署ごとに差があるのも当然です。
情報を共有するためには連絡ツールで頻繁に連絡を取り合うか、メールに添付するか、または時間を合わせてどちらかの部署の担当がもう一つの部署に赴き擦り合わせを行う必要がありました。特に二つの部署が東京と大阪などと離れている場合には、これは非常に大変なことでした。しかし顧客を一元管理して共有してしまえば差はなくなり、どの部署でもPCのボタン一つで顧客の持っている商品から商談の履歴までを確認できるようになります。普段取り引きをしている部署と別の部署に顧客から連絡があった場合にも取り次ぎや話の切り口を模索する意味でこれはメリットのあることでしょう。
これは医療機器メーカー、家電メーカー問わず同じことです。

営業が集めた顧客の生の声を普段顧客と直接接する機会の少ない部署も共有できるわけですから、医療機器メーカーなどはそのまま声を製品開発に取り入れることができるでしょう。
営業担当がヒアリングした病院の意見などは医療機器メーカーの製造企画部門にとっては特に重要なはずです。
事実、医療機器メーカーのSFAの導入目的の一つが既得意顧客や見込み顧客の生の声を製品に生かし契約に繋げて行くためなのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る