本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの役割は営業ノウハウの共有化をすることでもある

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの役割は営業ノウハウの共有化をすることでもある

SFAの役割は営業ノウハウの共有化をすることでもある

SFAは営業支援システムです。
かつては紙媒体や営業担当個人のPCに保存されていた顧客情報を書き込むことができ、また同部署内だけでなく会社内で共有することができます。この他に見積書の作成や経営戦略の可視化、営業上の失敗事例や成功事例などの共有化、営業方法のデータベース化などに優れています。
一昔前は情報の共有を行うためには各営業担当間、各部署間で擦り合わせを行う必要がありました。ですがSFAを導入することによって社内の誰か一人が手に入れた情報を顧客情報に記載すればPCのボタン一つで社内の誰しもが参照することができるようになりました。
これは大きなメリットです。
紙媒体で情報を所持する場合、必ず管理場所が必要になりますし管理のためのコストもかかります。
資料や証明書の中には保存年数が決まっているものも多いですから、決まった年数ずっと紙媒体を保存することは企業にとって大変なことでした。また、営業担当の個人PCに情報を所有する場合はPC一台一台に気を配る必要がありました。しかしSFAならインターネットを利用して各PCからデータベースを参照できるようにしているだけですので営業担当個人のPCに情報は保存されません。コストの面でも情報漏洩の面でも格段に安心できると言えます。
それに、どの部署でも営業担当が集めた顧客情報を参照できるわけですから、生の声を製造部門や企画部門が参考にできるというメリットがあります。
確かに情報を集めるだけで顧客情報に勝手に情報が記載されるわけではないので入力の手間はあります。
手間と時間を減らすためにSFAの機能の取捨選択を行うことによって、この営業支援システムは会社の大きな味方になってくれるのです。

また、他にも利点はあります。
SFAでは営業ノウハウを可視化し、データベースとしてまとめることで社内のだれでも参照することができるようにすることが役割です。
例えば優れた営業マンのAがいたとします。Aは優れた営業のノウハウを所持しており後進の育成も役割としていました。しかし若手営業マンに現場でノウハウを伝えることが難しいとします。そんな場合は、SFAの役割も上手く活用し営業ノウハウの共有化を行えば良いのです。
具体的には誰かがAのノウハウをデータ化しシステム上で何時でも閲覧可能にすれば良いわけです。具体的な成功事例や失敗事例も一緒に掲載すれば若手営業マンにとっては強い味方、良い資料になることでしょう。
SFAを活用することは、後進を育成する役割を一部肩代わりしてくれるということでもあります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る