本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの得意領域や特徴を明確に理解する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの得意領域や特徴を明確に理解する

SFAの得意領域や特徴を明確に理解する

営業をするときには顧客管理をすることは重要です。効率的に顧客管理をすると売上を上げることが出来るようになります。上手に顧客管理をするためにはソフトを上手に活用しなければいけません。顧客管理のソフトはいくつかありますが、そのうちのひとつにSFAと呼ばれる代表的なものがあります。

SFAとは営業支援システムと呼ばれています。その名前のとおり、営業マンの日々の業務の効率をあげるために設計されたソフトのことです。SFAの得意領域というものがあるので、把握することで上手に運用できるようになるでしょう。日々の業務管理をしたり、進捗管理を行うことが出来ます。売上の見込みを入力できるので、組織全体の売上を明確に把握するための役にも立ちます。

SFAとひとくちにいっても提供している会社によって、機能が違ってきます。進捗管理などのスケジュール機能を充実させているものもあります。また、顧客の管理情報の機能に特化しているものもあります。SFAの導入を検討するときには、実装している機能を吟味する必要があります。導入する前にどのような機能が必要になってくるかをリストに洗い出してみるといいでしょう。

SFAの得意領域を明確に把握して、どんな目的を達成するかを決めておかなければいけません。SFAの特徴や得意領域を知っていれば、売上をあげたり顧客の管理を容易にすることができます。どのくらいのコストや運用期間をかけて、どのくらいの売上を達成するかを数値にして具体的に表しておく必要があります。

得意領域のすべてを活用する必要はありません。企業にとって利益を拡大できるように上手に機能を使っていくことが大切です。一番重要な機能は、日々の業務管理と売上の見込みです。この二つを活用すれば、日々の営業に関連する反省と実行を繰り返すことができます。また、顧客一人にたいしてどのくらいの利益をあげることができるかを意識しておくことで、目標となる売上を視覚化できるようになります。

企業でSFAを運用するときには、営業マン全員に対して教育をしなければいけません。優秀なソフトを導入しても活用する人が使いこなすとができなければ意味がないからです。明確な目標の設定とルールを決めることで、ソフトを活用できるようになります。情報の入力も簡易化することで、日々の業務に余計な負担をかけません。運用するときには、組織全体の目的を同一の方向に向けるようにしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る