本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの機能は企業の問題点を分析するのに有利

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの機能は企業の問題点を分析するのに有利

SFAの機能は企業の問題点を分析するのに有利

最近ビジネス方面でよく聞くのが、SFAという名前です。
日本語では営業支援システムといいますが、顧客に関する情報や
過去の商談成立の経緯、そして現在の商談の進行状況に関する情報を集約できるソフトです。

SFAは業務の効率化や企業の収益向上に大きく貢献するため、
導入する企業が増加しています。
そういった企業ではメンバー全員で営業情報を共有し、成果を上げています。

SFAは商品によって異なりますが、大抵の場合数多くの機能が搭載されています。
例をあげると商談の経過が把握できる事はもちろんですが、収益の推移などがグラフで
一瞬にして分かったり顧客先への訪問履歴が閲覧できたりといったものです。

また最近のSFAはスタッフの携帯電話と連動することも可能であり、日々の営業活動の
内容をその場で記録できたりといった機能も充実しています。
ですからさまざまな角度から、今抱えている企業の問題点を分析できるのです。

それだけではありません。
SFAのデータから判明した問題点は瞬時にしてメンバー全員に伝達可能ですから、
会議の内容も非常に密度が濃くなり営業活動の成果も上がります。
進行中の商談の改善点についても、いち早く協議できるのです。

ですからSFAが持つ優れた機能を使わないのは、実にもったいない事です。
実際に導入した企業の中でも、うまくSFAを使いこなせないケースが多い事実があります。
決まった箇所への入力や、固定の人の活動記録しか閲覧しないといった感じです。

せっかく導入するわけですから、問題点を分析できるような機能を使わないといった
もったいない事態は避けたいものです。
それを回避する方法としては2つあります。

まず1点目は高性能な商品を開発しており、ソフトの使いやすさにも定評のある会社を利用する事です。
特殊な商品ですから、いざ使用した場合の問題点はカタログなどでは分からないものです。
ですからネット上の情報を分析し導入事例なども参考にしながら、
特定の箇所しか使わないようなSFAは購入せず信頼できる業者を選ぶことです。

そして2点目は、導入後のサポート体制がしっかりしている業者を選ぶことです。
どんな高品質のソフトであっても、最初から全てをうまくは使いこなせません。
しかしサポート体制がしっかりしていれば、マニュアルを作成してくれたり、
定期的な研修会などを行いSFAがスムーズに運用できるよう配慮してくれます。

営業効率を上げ収益向上へと導いてくれるだけでなく、会社の問題点をも
分析できる機能を持つSFAの導入は、これからの企業にとって必須といえます。
なるべく多くの情報をネットで収集すれば、トラブルのない運用が可能となります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る