本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの機能を使いこなすことが成功へのプロセス!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの機能を使いこなすことが成功へのプロセス!

SFAの機能を使いこなすことが成功へのプロセス!

SFAとはSales Force Automationの略で、パソコンやインターネットを利用した多機能営業支援システムのことです。
SFAの機能は実に多く、営業支援のために必要な機能、必要だと思われ各企業ごとに別個構築し古くは紙媒体で行っていた管理に関わる全てが揃っています。
ですが、反対にSFAの機能が多過ぎて全部分を使用していると肝心の営業部分や顧客との関係構築のために使う時間が少なくなってしまうという欠点があります。なぜなら、全てを利用していると記入や閲覧、情報整理だけで業務時間の多くを消費してしまうからです。
ですから、SFAの全てを使おうとせず自分の会社ならびに部署に必要な部分を絞り込み効果的に使うことが必要です。
SFAは営業支援システムですから、システムがメインになってはいけません。
もちろん営業力も必要ですが、営業を成功させる第一のプロセスは必要な部分と不要な部分の取捨選択をきっちりと行うことにあると言えるでしょう。
これができるかどうか、絞り込みをするかしないかで仕事の効率や必要とする時間が大幅に変わると言わざるを得ません。
ですからSFAに使用においてはまずは絞り込みから始めましょう。
それこそが営業成功の鍵です。

SFAの機能は顧客情報管理に特化しています。上手く使いこなすことも営業の成功、顧客と良い関係を築くことには重要です。
営業においてはどこのどんな人が見込み客で、どこのどんな人が既得意なのか瞬時に判断することが重要です。
SFAの利点は社内全ての部署で顧客情報を共有できることでもあります。
例えば取り引きしている部署ではなく別の部署にお客さんから電話が来た場合、PCで別部署と共有の顧客情報でデータを呼び出せれば既得意か新規かを別部署でも瞬時に判断できるわけです。また、電話してきた理由も判断しやすく電話を急ぎ他部署に転送するなど適切な対応が可能になります。何時もお世話になっている旨を伝えるだけで顧客の好感度は大きく変わるでしょう。
社内で顧客の情報を共有するということは営業成績を上げるだけでなく適切な対応がすぐにでき顧客の好感度を上げることにも繋がります。
ですが、顧客情報管理と一言に言っても記入部分は膨大です。
いっそ顧客情報管理以外の部分、例えば営業成績予測などの部分は削り時間と使用部分の効率化を図るのも手です。

始めに不要だと判断した部分でも後に必要だと感じることがあります。
また、必要だと思ったけれどほとんど使わない部分が生じることもあります。
特に各会社の業種や営業方針では、システムを利用せず個別に情報管理を行った方がやり易いということも出てくるでしょう。
そういった場合は適宜状況を判断し、都度、システム内の必要な部分と不要な部分の絞り込みをすることが重要です。
また、それこそが成功の鍵であると言えるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る