本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの活用がプロジェクト成功の鍵に!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの活用がプロジェクト成功の鍵に!

SFAの活用がプロジェクト成功の鍵に!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業や仕事方法をベースに作られた営業支援システムです。
営業を支援するためのシステムですが書類作成から顧客管理、会議資料の共有、営業成績の可視化まで業務のほとんどがSFAだけでできてしまうため、支援だけでなくほとんどの部門でメインとして使用することが可能です。インターネット回線とPCがあれば情報の共有から仕事だけでなく今までソフトに小分けされていた機能のほとんど全てが使えるシステムという印象が近いでしょう。
導入に際し特別な機材やSFA専用のソフトなどは必要ありません。仕事に使うPCが一台とインターネット環境の整備がなされていればすぐに使うことができます。また、PC操作が苦手という人でも、インターネットではお馴染みのクラウド型システムですので簡単に慣れることができるでしょう。
このSFAを有効活用することによって普段の業務が効率化され、デスク周りがスマートになります。

SFAはシステム上の情報を共有できるクラウド型システムですので、社員の誰かが入力した情報は、それが会議資料であれ、顧客情報であれ、共有が可能です。
あくまで会社内システムではありますが、神奈川の営業統括部門と東京本社の経営戦略部門など、部署や支店を越えて社員間であれば情報の共有は可能です。これによりメール添付で送っていた厚い資料や情報が送信の必要なく瞬時に共有することができるわけです。
また、紙媒体でそれぞれに配布する必要もなくなりますので、東京本社で会議がある際に会議資料をあらかじめ全ての支店の支店長に確認してもらうことができます。
稟議書や過去の通達などもシステム上の置くことで誰でもすぐに確認することが可能です。
これは同じような稟議書や通達を出す時に書式を参考にできて非常に有り難いことでしょう。今までであれば紙媒体の書類をわざわざ探して参考にしなければならなかったり、過去に同じような経験のある支店に連絡を取って意見や経験を訊ねなければならなかったところです。

このようなSFAの活用法はプロジェクトにも大いに役立ちます。
プロジェクトは一から十まで綿密に作戦を定めなければなりません。
予算から目的、それぞれの仕事の進捗や役割分担、果てはプロジェクトメンバーの選定までをきちんと行うことが重要になります。
プロジェクトの際には過去のプロジェクトを参考にすることがよく行われますが、もし過去の参考資料がそれぞれ別ソフトで管理され別々の支店に散っていることを想像してみてください。
資料を一から探し回ってからプロジェクトの詳細な中身を考えるのだと想像すれば恐ろしくなりますね。
ですが、SFA上で過去のプロジェクトの成功事例から失敗事例、予算や仕事のプロセス、参考資料などを全て管理しておけば新プロジェクトの際にすぐに参照でき、新プロジェクトの中身に注力できます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る