本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの活用により営業プロセスとマネジメントを効率化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの活用により営業プロセスとマネジメントを効率化する!

SFAの活用により営業プロセスとマネジメントを効率化する!

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカ型の営業方法と営業理念をベースに構築された営業を支援するためのシステムです。営業支援と銘打たれてはいますが書類や商談資料の作成、顧客情報やアポイントの管理、情報のカテゴリ分けや分析などその機能は実に多く、営業支援だけでなく多くの部署、多くの業務でメインとして使用できるシステムです。
インターネットでお馴染みのクラウド型を採用していますのでシステムの操作自体はとても簡単で、スマートフォンを使ってインターネットサーフィンの経験がある人ならITに苦手意識を持っている、新入社員問わず簡単に使いこなすことが可能です。また、各種機能の他に場所を越えて情報を共有できるという特性も当然備えていますので、沖縄支店で入力した顧客情報を北海道支店で参照することができます。本社で作成した各所書類のひな型をシステム上で管理することにより全国の支店で利用が可能です。上手く使えばこの特性だけでかなりの業務が楽になるでしょう。
運用に際しては特別な機械やソフトは一切必要ありません。インターネット回線を整備し業務用のPCを一台用意すれば運用が可能ですし、極端な話、これらに顧客へ手渡す書類を印刷するためのコピー機が一台と営業担当が一人いれば営業部門の業務を回すことさえ可能でしょう。
賢く使うことによってSFAは会社の大きな味方になるのです。

SFAには非常に多くの機能が搭載されています。
今まで各ソフトとして所有していた機能が一つに統合されたようなシステムといえば分かりやすいでしょう。
このSFAの活用により業務は格段に効率化されますが、使い方はそれだけに留まらず営業戦略やマネジメントにも転用し効率アップを図ることができます。
SFAの機能自体に分析機能がありますので、営業担当が顧客からヒアリングを行った情報をすぐに経営や戦略に使うことが可能です。また顧客の名前の声を聞いて業務の中でも無駄なプロセスを削ったり、必要なプロセスを追加したりすることも可能です。
SFAの情報を共有し蓄積する機能や特性を使えば、こうした使い方も可能なわけです。
また、営業が特定の情報を顧客から得た場合に顧客情報に詳細に記載するプロセスを定めれば、営業プロセスの検討にも役立ちます。
普段ほとんど顧客と接する機会のない製造や企画部門が普段はアンケートなどのプロジェクトで手に入れている顧客の生の声を普段の営業を通じて手に入れることが可能になります。営業が直接手に入れた情報ですので情報の精度も高く、すぐに活用することができるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る