本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAの活用に問題点があると最小コストで最大限の効果が得られない

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAの活用に問題点があると最小コストで最大限の効果が得られない

SFAの活用に問題点があると最小コストで最大限の効果が得られない

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業をベースにして生まれた営業支援システムです。
クラウド型のシステムであり操作は簡単です。導入の際も機材の購入やPCの追加、特別なソフトの購入などは一切必要ない経済的なシステムです。また、営業支援システムですが現在のインターネット上ではクラウド型システムはよくあるため、普段インターネットを利用する人にとっては取っ付きやすい印象もあるでしょう。初心者でも比較的簡単に操作を覚えることができます。
ですが、操作自体を覚えるのは簡単でも使いこなすことが非常に難しいのがSFAです。
なぜならSFAは非常に機能が多いからです。

SFAの主だった機能として書類作成機能や情報共有機能、顧客情報管理機能があります。
書類作成機能では営業に必要なほとんどの書類を素早く作成することが可能です。
書類の作成は営業にとってとても重要なことですが場合によってはテンプレートを一から作成しなければならなかったりと非常に心を砕くものでもあります。
しかしこの書類作成機能を使えばすぐに見やすく分かりやすい見積書や仕様書を作成することができます。
また、書類は特に法律で保存期間が定められているものも少なくありませんし、期間経過後に紙媒体で保存していた場合は処分のためのコストと時間を要します。しかしSFAの機能で書類を作成しSFA上に情報として残しておけば紙媒体で保存する必要はなくコストの削減に繋がります。また作成者だけでなく社員全員が参照することができるので顧客から担当不在時に急に連絡があっても対応可能です。

顧客情報管理機能はその名の通りの機能ですが、使いこなせれば多くの企業が望んでいたような顧客管理が可能となります。
営業担当の一人がヒアリングした情報を顧客情報に書き込めば部署を越えて閲覧可能なわけですから営業のバッティングが起こらなくなります。また、製造や企画部門が顧客の生の声を顧客情報から拾い上げることが可能になります。
SFAの運用により今までの業務の問題点が解決するのです。

このようにSFAは非常に多機能です。
しかしこの多機能さが問題点なのです。
できることが多い故に全てを使いこなすとたちまち業務に問題点が噴出します。入力のために時間を取られ過ぎて営業がおろそかになるなど、本末転倒の結果をもたらします。SFAの業務支援効果による効率化という恩恵は得られないことになります。
システム自体は経済的ですし操作も簡単です。まさに最小コストと言えるでしょう。
その上でシステムの取捨選択を行えば、業務に問題点を出さずに最大限の効果を得ることができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る