本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAはユーザーフレンドリーで使いやすい製品を選ぶ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAはユーザーフレンドリーで使いやすい製品を選ぶ

SFAはユーザーフレンドリーで使いやすい製品を選ぶ

SFA(営業支援システム)は、営業成績がなかなか上がらない若手営業マンの顧客分析・ノウハウ習得などに貢献するとともに、多くの顧客や案件を抱える中堅・ベテラン営業マンのスケジュールや顧客情報の管理などの効率化をサポートするなど、社内の営業マンの活動を助けて売上アップに貢献するツールなので、近年はSFAの導入を検討している経営者の方が増えています。

とはいえ、営業マンの中にはパソコンの操作があまり得意でなかったり、デスクワークに極力時間をとられたくないという人も少なくなくないので、会社がどんなに高価で多機能なSFAを導入しても、実際にはほとんど活用されずに導入コストに見合った成果が得られないということも多いようです。

このため、営業マンの活動を強化するためにSFAを導入するときには、営業マンが無理なく使えるようなユーザーフレンドリーで使いやすいシステムを導入することが大切です。
とはいっても、現在では数多くの業者がSFAの製品を提供しているので、まずはユーザーフレンドリーな製品を選ぶときのポイントを押さえておくことがSFA導入で失敗しないためのコツです。

まず、ユーザーフレンドリーな製品を選ぶときのポイントは、操作画面(インターフェイス)がわかりやすくて使いやすいかということでしょう。
SFAを提供する業者では電話やメールなどの問い合わせに応じ、体験版ソフトウェアやデモ画面のスクリーンショットなどを提供して詳しく説明してくれるので、トップ画面に使用できる機能がアイコン表示でわかりやすく表示されているのはもちろん、営業のスケジュール管理のように視覚的なわかりやすさが要求される機能ではわかりやすく色分けして表示できるかなど、システムを使う人のことを考えて細かい配慮がなされているかをよくチェックしてみることが大切です。

また、導入した直後は社員がシステムに慣れておらず、使い方がわからずに苦慮することが多いので、導入後のサポート体制の充実度もSFAのユーザーフレンドリーさを左右するポイントとなります。
現在ではどの業者もカスタマーセンターを開設して問い合わせに応じていますが、ただ質問に答えてくれるだけでなく、営業効率アップに貢献する機能の使い方などのアドバイスも積極的にしてくれるような専門知識を持つ担当者がサポートしてくれるかどうかも確認してみましょう。

なお、最近では営業先からでもスマートフォンやタブレット端末などを使用してシステムにアクセスし、データ入力やデータの参照ができるユーザーフレンドリーなSFAを提供する業者も増えています。
こうしたシステムならばパソコン操作が苦手な営業マンでも手軽に利用できて導入しやすいので、特に外回りの営業マンが多い企業の方にお勧めです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る