本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAをチーム営業をする場合の基盤化!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAをチーム営業をする場合の基盤化!

SFAをチーム営業をする場合の基盤化!

SFAとは営業を支援するシステムで、Sales Force Automationの略です。
アメリカ型の営業をベースに生み出され、営業にための必要な機能が多数備わっています。
システムはクラウド型で初心者でも使いやすく、特別な機材やソフトの導入をすることなく、企業にインターネット環境と業務用のPCが一台あれば使用可能です。

このSFAには多くの営業担当の負担を軽減し仕事を効率化させる機能が備わっていますが、その中でも特筆すべき機能は顧客情報管理機能です。
一昔前は顧客情報をそれぞれの担当の管理しやすい方法で管理していたり、紙媒体や担当の個人PCで管理していたりしました。紙とPCを併用していた場合もあったでしょう。
会社ごとにルールはありましたが情報を共有する方法が会議や打ち合わせでの擦り合わせくらいしかなく、ほとんどの営業は独自に情報を集め独自に情報を所有していたと言えるでしょう。その情報は同じ部署の者に対しても必要があれば開示する形で、やはり顧客情報は独自のものという思考が強かったのです。
確かに顧客のことを考えれば、顧客の情報を知り尽くした担当がいたことは心強いことです。
ですが、それにより弊害もありました。
その担当が休みを取れば商談の進捗が分からないどころか顧客の担当が誰かさえ分からないということだって少なくありませんでした。
また、情報を共有できないがため同じ部署の営業同士が見込み顧客に営業を行い摩擦が生まれてしまったり、法人営業担当部門と個人営業担当部門が同じ小さな会社に取り引きを持ちかけてしまった結果話がこじれてしまうこともありました。
情報を共有できないということは非常に効率が悪く時にチームであるはずの会社の中に摩擦を生むものなのです。
ですがSFAの顧客情報管理機能を利用することにより営業を効率化しなおかつ社内の摩擦をすっきり解消することができます。
それだけでなくチーム営業のための基盤にすることができるのです。

SFAのチーム営業の基盤化のためには、徹底的に顧客管理機能を使いこなすことです。
顧客情報には営業の誰かが情報を書き込めば部署や支店を越えて共有することができます。
例えば個人営業担当がある顧客から自分の住むマンションの管理組合が商品購入のため良い会社を探しているという情報を得たなら、その情報を書き込み即座に法人営業担当に回せば大きなチャンスになります。
チーム営業の良い例、素晴らしい連携と言えるでしょう。このようにチーム営業には顧客情報の共有が欠かせません。
SFAをチーム営業成功のために積極的に活用し、部署を越えてチャンスを掴むための助けにするのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る