本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAをマーケティングや予算達成度の分析に活用する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAをマーケティングや予算達成度の分析に活用する!

SFAをマーケティングや予算達成度の分析に活用する!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業方法や経営戦略をベースに効果的に営業を支援し、業務を効率化させるために作り出されたシステムです。営業支援がメインと効率化がメインに据えられていますが、書類の作成から顧客情報の管理、営業の進捗確認やアポイント数のチェックまで可能なため業務自体のメインシステムとしての活用も可能です。また、営業部門だけでなく書類作成の多い事務部門や顧客情報から新商品の開発企画を行う各部署まで幅広く活用することができます。
このようにSFAは今まで各ソフトに分かれていた機能を一元化したようなシステムではありますが、だからといって扱いが難しいわけでもありません。インターネットでお馴染みのクラウド型システムですのでITに苦手意識を持つ社員や新入社員でもスマートフォンを使ったりPCでネットサーフィンの経験があればすぐに慣れます。また、導入に際しても特別な機材やソフトは必要なくインターネット環境を整備し業務用のPCを一台用意すればすぐに運用が可能です。これらに顧客に手渡すための書類を印刷するコピー機が一台に営業担当が一人いれば営業部門を回すことさえ可能です。
積極的に活用すれば業務全般に転用できるシステム、支援だけでなくメインとして使える多機能なシステム、それがSFAです。

SFAは非常に多機能ですが、それだけでなく、クラウド型システムとしての特徴も備えています。
クラウド型システムは離れた場所であってもシステム上に情報を置けば全ての人が共有可能です。
つまり北海道支店が入力した顧客情報を沖縄支店の社員が活用することも可能だということです。
また、東京本社がシステム上に置いたコンプライアンス研修資料を全ての支店の全ての社員が印刷する必要なく同時に閲覧が可能です。これは非常に便利で効率的だと言えるでしょう。
この情報共有という特性を用いれば各支店が集めた顧客情報をすぐにマーケティング資料へと転化することもできます。
マーケティングの場合は特に顧客の生の声が重要になります。ですが生の声はなかなか集まり難いものです。ほとんどの企業はわざわざマーケティングのためにアンケートを行ったり、プロジェクトを立ち上げたりしていたでしょう。
しかし顧客情報に営業担当が顧客からヒアリングを行った意見やクレームを直接記入すれば顧客情報自体が有用なマーケティング資料になるのです。
また、SFAの情報分析機能と情報共有ができるという特性を同時に活用すれば各部門の予算達成度を検証することも可能です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る