本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを使いこなせない企業の導入時の失敗例

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを使いこなせない企業の導入時の失敗例

SFAを使いこなせない企業の導入時の失敗例

SFAとは営業支援システムのことです。営業活動を支援して効率化するためのソフトウェアですが、定着させるまでが重要で、導入しても使いこなせない企業も多いです。導入時によくある失敗例は5つあります。

SFA導入時の失敗例として一つ目は営業マンの利用率の伸び悩みです。入力作業が面倒だからと情報が入力されなければ効率的に運用することはできません。義務化しても営業マンのストレスとなりモチベーションが低下するだけなので、選択式を取り入れたり必須項目の数を減らすなど、入力しやすく改良する必要があります。

導入理由があやふやで効果が実感できないというのもSFAの失敗例です。目的を明確にするとともに、そうなるためにSFAをどう活用するとよいのかよく考えてから導入するようにしましょう。

機能が多すぎることによる失敗例もあります。目的のために必要なものだけにしてあとは切り捨てたほうが操作もやりやすくなり、無駄なコストもかかることなく効率化につながります。

SFA導入により仕事量が倍増するという失敗をするところもあります。それまでと変わらない仕事プラスでSFAをこなすのではなく、導入することで減らせる仕事は減らすなど導入の機会に仕事内容の見直しも図るようにしましょう。

情報を集めても有効に活用しきれないという例もあります。目的を明確にしてそれに必要な情報だけ集めるという方法をとっていなければ情報量だけ増え、それを集計する手間もかかり、活用できずに終わるという結果になってしまうのです。

導入を成功させるためには、まず導入前に、なんのために必要なのか・なにを調べたいのか・それをどう活用するのかなど詳しく導入プランを練りましょう。
定着させるためには現場での使いやすさを考えるようにしましょう。導入者側がどんなに熱い思いを持っていても面倒で使いづらいシステムは定着しません。
実際に使い始めたら、得られたデータを充分に活用できるようにするとともに、現場からの声も参考にして使いづらいところは改善し、社内のそのほかのシステムもSFAと重なる部分は効率化するなどして仕事量は減らしながらももっと効果的に情報を収集して将来につなげていくようにしましょう。

実際に使うのは現場の人間です。充分に説明をしたうえで活用し、今までよりも仕事がやりやすいと現場が実感できるシステム作りをしましょう。
導入にかかわった担当者は導入後も次の仕事に異動するのではなく更なる能率向上のために現場で残るほうがよいです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る