本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを使ったマーケティングの予算策定

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを使ったマーケティングの予算策定

SFAを使ったマーケティングの予算策定

営業担当者は、取引先との商談を日々行っています。
取引先と商談を行う為のスケジュールの管理、商品やサービスの情報の管理などを行う時に、出来るだけ部署内で共有をした方が良いです。
取引先や顧客の情報を管理する為には、コンピューターシステムを使った方が良いでしょう。
営業担当者が行っている営業活動の支援を行う為に開発されたのがSFAです。

SFAには、営業活動を行う為の機能が多数搭載されています。
マーケティングを行っていく事で、顧客や取引先が必要とする情報を効率的に集め、それを商品やサービスの開発や販売の段階でフィードバックしていきます。
SFAを使いますと、営業担当者は、営業部門の部署内全体で商談に関する進捗状況を確認出来るようにしたり、マーケティングに活かしやすいように必要な情報を集積したり、収集したデータを分析する事によって、営業の成果を高められます。
予算策定を行うには、マーケティングを行った結果をフィードバックして、商談を取りまとめる為に欠かせない物を取得したりする為の予算を入れておく事が重要になってきます。

SFAは、営業支援ツールとして優れていますが、サポートが出来る人材がいない場合、機能を最大限に活かす事は難しくなってきます。
マーケティングを行うのに必要なデータを共有する仕組みを持っているSFAは、情報伝達がスムーズに行えます。
予算策定を行うには、色々な条件を確認していく必要がありますし、商談で決まる予定の内容に応じて、予算の組み立てを行っていきます。
SFAでは、商談内容やスケジュールなどを共有する事が出来ますので、予算の組み立てにおいても役立つでしょう。

営業活動では、取引先や顧客の要望をデータとして収集しておく事も大切ですので、SFAを使ってデータの収集を図れます。
収集したデータを分析していく事によって、様々な角度から弱点を見つけ出す事も可能になってきますので、商品やサービスに新たな機能を付け加えたり、開発現場において成果を反映させたりする事が出来ます。
営業活動を効率的に行い、商談で得た情報や結果を直ぐに報告し、反映させていく事によって、企業や営業部門は、より戦略的に売り上げの向上を図れます。

SFAを提供している企業は数多くありますので、利用をする予定の企業は、使用用途にマッチしたサービスを選択するのが良いでしょう。
提供企業によって、用意されている機能は異なり、料金も異なります。
予算に応じて、効果向上が期待出来るものを選択するのが良いです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る