本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを使ったマーケティング施策効果を検証する

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを使ったマーケティング施策効果を検証する

SFAを使ったマーケティング施策効果を検証する

営業活動の行い方にとって、商品やサービスの売り方は大きく変わってきます。
マーケティングの手法には色々な方法がありますが、SFAを使う事によって、営業担当者は営業支援を受けられる環境を整えられます。
マーケティングを施策効果を発揮する為に、SFAの効果を検証していく事は大切です。

SFAを導入する場合、サービスの選択が大切になってきますが、サービスを提供している企業では、クラウドシステムを導入してサービスを提供するケースが増加しています。
クラウドシステムでSFAを提供するメリットは、営業担当者が持つスマートフォンやタブレット端末から必要なデータを閲覧する事が出来るようになっている事です。
顧客データや商談のスケジュールなどを共有しておけば、マーケティングを効率的に行うのに役立ちます。
SFAを使えば、営業担当者は商談の結果や進捗状況を逐一報告する事が可能になります。

マーケティングは、新しい商品やサービスを開発する為に必要であり、現在顧客がどのようなサービスを欲しているのか、機能はどのような機能が必要とされているのかといった事を分析していく事が施策効果を最大限に引き出す為に重要です。
SFAを使う事で、営業部署内全体で商談の進捗状況などを確認する環境を構築出来ます。
SFAは、案件・商談の履歴を閲覧出来たり、受注する為の情報管理を行えたり、データの可視化と分析を行ったり、スケジュール機能を使ったりする事で、進捗状況を確認する事が可能です。

営業活動では、情報収集と情報分析を効率的に行っていく事が有効です。
営業担当者が営業活動を行う上で、スケジュール管理はとても重要です。
取引先との商談を複数抱えている場合には、スケジュールを管理する事でスムーズに商談を進めていく事が出来ます。
商談内容を逐一報告する場合において、コンピューターシステムを使った仕組みは、非常に有効です。

コンピューターシステムを使った営業支援は、より強力に営業担当者の営業活動をサポートしてくれますので、多くの人々がツールを使いやすい環境を構築する事が出来ますが、そのシステムの運用をサポートする人材がいない場合には、効率的なコンピューターによる営業支援が出来ない事が多々ありますので注意が必要です。
営業担当者のコンピューターによる営業支援を実現するSFAは、色々な業者が提供するサービスを比較検討してから導入を考える事が重要になってきます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る