本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを使って使用目的に応じた顧客満足度のアップを図る

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを使って使用目的に応じた顧客満足度のアップを図る

SFAを使って使用目的に応じた顧客満足度のアップを図る

営業支援システムであるSFAは、近年広まりつつあるシステムです。
このシステムの導入によって、従来行われていた勘や根性や経験に頼った営業手法から、科学的な根拠や自動化によって効率的に営業を行う手法が行われるようになっています。
顧客情報や案件の進捗状況などは、営業担当者個人で留まりがちですが、これを情報データとして蓄積したり、共有する事によって、顧客満足度アップを目指せます。
SFAは、主に営業の生産性を上げながら、効率化を進めるという使用目的で構築されている情報システムです。
OAは、事務処理におけるプロセスの自動化を目指したものです。
一方で、SFAは、営業プロセスの自動化を目指しています。
SFAには、顧客情報の管理や分析の要素も含まれています。
このシステムでは、既存顧客や見込顧客に対する営業活動に関連している情報を保存・管理する事が出来ます。
アポイントメントをしておいた顧客や取引先とのスケジュール管理を一覧したり、編集したりする事も可能ですので、いつどのような商談があるのかを把握しやすい環境を構築する事が可能です。
使用目的によって、様々な情報を管理・保存しておく事が出来ます。
チームでの使用目的で使う場合には、チーム内で行われている現在の状況を共有する事が出来ますので、進捗状況次第では、応援を出すといった事も可能です。
SFAは、営業を支援する為の各種ツールを多数搭載していますので、使用目的に応じて使い分けられます。
近年では、多くの企業がSFAを提供していますので、導入を考えている企業は、販売実績や導入実績が豊富にある企業のサービスを選択した方が良いでしょう。
機能面で使いやすい物を選択し、クラウドコンピューターを活用したシステムを使っていけば、営業マンが持つタブレットなどから支援ツールを利用する事も可能です。
日々の営業データや顧客データを直ぐに閲覧出来るようにしておく事で、効率的な営業を行えるようになります。
商談を成功させる為には、様々な角度から取得したデータを分析していく事が大切になってきます。
データを効率的に分析する事で、営業で改善するべき問題点などを上げていき、営業担当者は迅速に報告をする事が可能です。
リアルタイムに見込みを把握出来る事も魅力であり、市場動向を踏まえた施策を行う事であり、基幹システムと連携を行う事によって、顧客情報を一元管理する事が出来ますので、情報の財産化を図れます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る