本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを使って営業のブラックボックスを可視化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを使って営業のブラックボックスを可視化する!

SFAを使って営業のブラックボックスを可視化する!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業戦略や理念をベースに作られた営業支援システムです。
営業を支援することがメインではありますが、今まで多くのソフトに分散していた機能が一つに統合されたようなシステムですので、営業支援だけでなく他部門の業務支援までこなすことができます。
また、インターネットを使う人にはお馴染みのクラウド型のシステムですので慣れるのは実に簡単です。
導入に際しても特別な機材やソフトは必要なく、インターネット環境と業務用のPCがあれば運用が可能です。

SFAには書類作成機能や経営戦略を分析し可視化する機能など様々な機能がありますが、特筆すべきは顧客情報管理機能です。
顧客情報はかつて営業担当ごとに管理していました。
管理の方法も紙媒体や個人PCでの所有など担当により違っており、担当が休みを取ってしまった場合はどこに誰のどんな情報があるか分からない状況でした。ですので担当が休暇を取れば途端に商談がストップし、場合によっては顧客を怒らせてしまうこともあったのです。まさに顧客情報はブラックボックスであったと言えるでしょう。
また、紙媒体の管理の場合は担当の個人PCのパスワードを確認してPC内部の顧客情報を探すという手間がない代わりに管理がとても大変でした。
紙で文書を保存する場合は、文書によって保存期間が法律で定められている場合があります。
また、顧客情報ともなるとその枚数は膨大であり、顧客ごとの書き込みや渡した書類のコピーなども合わせると部署を圧迫するような状況でした。しかも紙媒体ですと処分する時にコストと時間が必要でした。
それだけでなく、紙媒体の情報を部署だけで管理しているわけですから他部署がそこに介在する余地や共有する余地はほとんどなく、これもまたブラックボックスであったのです。
ですが、SFAを活用することによりこのブラックボックスを皆で効率的に利用可能なのです。
SFAの顧客情報管理システムを使えば紙媒体や個人PCで管理していた時のようなブラックボックスを共有のものとし全ての業務で使用できるような形態にできます。

例えば総務や事務など普段ほとんど顧客と接する機会のない部署に顧客から問い合わせがあったとします。
この時にSFA上で共有された顧客情報を瞬時に呼び出せば迅速に担当に連絡を取ることもできますし、入力された応対履歴をもとに適切な対応が可能です。
また、製造部門や商品企画部門が顧客情報を利用できれば新たな商品企画のヒントになるでしょう。
顧客情報はブラックボックス化させていては意味がありません。全部署のために可視化の上で共有する必要があります。
SFAを使えばより良い利用形態へと導くことができます。
そしてそれはきっと会社全体の利益にも繋がるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る