本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを営業育成や営業プロセスに活用する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを営業育成や営業プロセスに活用する!

SFAを営業育成や営業プロセスに活用する!

SFAはアメリカ型の営業方法や理念をベースに生み出された営業支援システムで、Sales Force Automationの略称です。
営業支援システムと銘打たれていますが書類作成から顧客情報の管理、コンプライアンス資料の作成まで可能です。今まで多くのソフトに分散されていた機能を一つにパッケージングしたようなシステムといえば分かりやすいかと思います。
また、このSFAは機能が多いだけでなくインターネットでお馴染みのクラウド型システムですので、ITに苦手意識を持つ人でもスマートフォンを操作できるならすぐにスムーズに使うことができるようになります。導入に際してはソフトや特別な機械も一切不要でインターネット回線が整備され業務用PCが一台あればすぐに運用可能ですので、多機能、操作性良好なわりにお手軽で経済的なシステムといえるでしょう。

SFAには営業が必要とする機能がほとんど揃っています。
また、書類作成機能は営業でなくとも事務部門や企画部門でも重宝することでしょう。
上手く活用することにより今まで個別に作っていたテンプレートが一切不要になります。
クラウド型システムですので作成した書類も個別に管理する必要がなく、社員であれば例え福岡と青森とそれぞれ支店が分かれていたとしてもPCのボタン一つで簡単に確認することができます。社内資料であれば全ての社員が共有可能です。
この情報を共有できるという特性により書類データのメール添付が必要なくなりますし、誰かがデータさえ入力すればどこの部門や支店でも参照できますので、特に顧客情報などは収集すればするほど蓄積され、営業データとしてだけでなく商品開発の参考やマネジメントの際の参考としても使用可能です。

SFAの機能と情報を共有できるという特性を把握すれば他にも色々な使い方が可能です。
会議の資料は印刷する必要がなく、会場が東京本社だとしても会議前に各県の支店長に見てもらうことができます。
役員会議の時も同じですし、株主総会の際に色々な部門が資料の提出が必要な時も本社にメールに添付して送る必要はありません。SFA上にデータを置くだけで済むのです。
また、営業育成のための事例集や営業方法、ひいては自社のSFA活用におけるルール集などもシステムを通して日本全国の支店で共有可能です。このメリットは大きいと言えます。
他に経験豊かな営業が新人の営業育成のために営業プロセスをデータとしてまとめて活用してもらうことも可能です。
経験豊かな優れた営業手腕を持つ社員は概ね多忙です。日本全国の支店を回って営業育成だけに専念することは難しいでしょう。しかし情報の共有を行えば、優れた営業方法を見てもらうことにより営業育成も可能になります。
このように、SFAは業務から新人の育成まで幅広く活用が可能です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る