本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを導入し成功プロセスと最終ゴールを明確化する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを導入し成功プロセスと最終ゴールを明確化する!

SFAを導入し成功プロセスと最終ゴールを明確化する!

SFAとはアメリカ型の営業方法や理念のベースに構築されたシステムのことで、Sales Force Automationの略称です。
営業支援システムとして開発されましたが実に機能が充実しており、書類の作成から顧客管理、営業の進捗管理、アポイント数管理など営業のみならず業務に必要な機能がほとんど揃っています。それだけでなくSFAはクラウド型システムですので、その特性である情報共有機能までも備えています。つまり、営業がヒアリングした顧客の情報や事務部門が営業支援のために作成した見積書が沖縄支店と北海道支店で共有できるわけです。
クラウド型システムですからスマートフォンの操作ができる人は簡単に覚えることができますし、導入に際しても特別な機械やソフトは一切必要ありません。むしろ今まで各ソフトに分散していた種々の機能がSFA一つに集約されているような形ですから、機材やソフトがデスク周りから減るかもしれません。
極端な話、ソフトが減り、機材が減り、デスクにあった書類をデータ化して共有することで、営業部門にはデスクとPC、印刷機が一台あれば業務が回せるようになるかもしれません。
それだけSFAは効率性を重視したシステムであり、また、業務を確実にスマート化してくれます。
もちろんスマート化によって業務は確実に楽になるでしょう。

SFAには優れた機能が多くあり、中でも顧客情報管理や書類作成機能は営業にとってなくてはならない機能となるでしょう。
ですがそれだけでなく、クラウド型システムが持つ優れた情報共有機能自体も有り難いものです。
今まで同じ部署の営業担当同士すら情報を共有するには書類やPCのデータを渡した上で擦り合わせを行わなければいけませんでした。
しかしSFAで情報を共有してしまえばどこにどんな情報があり誰がどんな情報を有しているのか擦り合わせを行う必要なくクリック一つで簡単に検索することが可能です。また、担当がいなければ分からないということもなく、担当不在時に顧客から連絡があっても顧客情報を共有しているわけですから、情報を参照した上で適切な応対が可能になります。
これは営業担当だけでなく顧客にも大きなメリットです。
また、SFA上で過去の成功事例や営業の最終ゴールを可視化すれば、各営業担当はそれらのデータを参考に営業を行うことができます。形のないものを分かりやすい形で見られるようにすれば成果は確実に上がるでしょうし、成功を積み重ねることが可能になります。
その成功例を更に成功事例としてSFA上にデータとして置くことによって、営業は多くの事例を共有し合い、参考にし合いながらより良い結果をもたらすことができるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る