本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを法人営業に導入して効率をあげる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを法人営業に導入して効率をあげる

SFAを法人営業に導入して効率をあげる

企業において、営業と呼ばれる部署は売上に直結する重要なポイントになってきます。営業でどのように売上をあげていくかによって、会社全体の利益が決まってくるのです。従来の日本の営業のやり方は数をうってアポイントメントをとって、それから商談成立をさせるものでした。そこに用いられるものは数をこなす根性であったり、見込み顧客を営業マンの経験や勘によって当てるというものでした。しかし、このやり方を大幅に改善して、営業の効率をあげる方法があるのです。

それは、SFAを導入することです。SFAは海外では一般的になっている営業支援ソフトのうちのひとつです。営業と顧客のやりとりをデータ化して、分析することで商談成立までの流れを明確にすることが目的です。コンタクトをとって、商談成立をするまでのスケジュールを入力することができたり、顧客にたいしてどれだけの利益を上げることができるのかを入力できます。管理職のひとは、営業の見込み売上を集計することで利益がどの程度でるのかを予想できるのです。

今までのように営業マンのさじ加減で商談をする時代は終わっているのです。SFAを導入すれば、データとして客観的に現状分析をして法人営業の業務効率をあげることができます。そのためには、法人営業にSFAをしっかりと導入しなければいけません。データにするためには、営業マンがデータ入力を行わなくてはいけません。
企業全体でSFAの使い方が統一されていなければ、フル活用することができないのです。法人営業において、データを入力する手間が多すぎるとほかの業務の妨げとなるおそれがあります。

法人営業にSFAを導入する場合には、明確なルールと簡易的な入力を義務付けると活用できるでしょう。また、データを入力しても社内で共有できなかったり、分析ができないと導入する意味がありません。定期的にデータの分析をおこなって、そこから利益を拡大するためにどのような戦略が必要かを話し合う必要があるでしょう。

SFAとひとくちにいっても提供をしている会社は複数あります。提供している会社によって、使えるサービスが異なることも知っておきましょう。導入を検討するときには、複数のSFAの違いを比較することからはじめます。そして、会社にとってどのような機能が重要になってくるかリストを作成しましょう。機能の種類がコストのバランスを考えて、一番利益を追求できるSFAを導入するといいでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る