本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用しプロジェクトを成功に導く!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用しプロジェクトを成功に導く!

SFAを活用しプロジェクトを成功に導く!

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業や理念を取り入れて生み出された営業支援システムのことです。
営業の支援に必要なシステムをほとんど備えており、導入に際しては特別なソフトや機器の購入は一切必要ありません。インターネット環境が整っており業務用PCが少なくとも一台あれば運用は可能です。
また、SFAには今まで色々なソフトに分散されていた色々な機能がパッケージングされていますので、それらにコピー機を一台追加することで会社の業務のほとんどを回すことが可能になります。
機能自体はあっても自社に必要な機能を取捨選択し、必要な機能だけを使うこともできますのでSFAの業務との関連性は機能の使い方、どれだけシステムを利用するかにかかっていますが、一つの機能だけでも今まで時間を取られていた雑務の部分がかなり楽になりますので効率化は確実に果たされることになるでしょう。

SFAには営業を支援するための多くの機能が搭載されています。
書類作成といった基本的な機能を使えばいちいちテンプレートを作成しそれぞれの書類作成に特化したソフトも必要なくなります。
また、作成した見積書や仕様書などをクラウド型システムの特性を利用し部署や支店を越えて共有することができるようになります。
秋田支店で作成した見積もりを、岩手支店で活用し同じ規模の法人営業の参考にすることができるわけです。
また、顧客情報管理機能を使えば営業担当が各顧客にヒアリングを行った苦情や疑問、改善して欲しい点、ライバル他社の商品の中で所持している商品の情報などを普段ほとんど顧客と接することのない商品開発部門や企画部門が参考にすることが可能になります。
顧客の生の声はキャンペーンを行ったりアンケートといったプロジェクトで初めて集めることができた情報でした。
しかしSFAの機能を使えば特別なキャンペーンを開催する必要なく普段の営業活動で無理なく集めることが可能になります。
これは企業にとってとても有り難い機能でしょう。

また、情報共有という面を更に特化させて使いこむこともできます。
例えばプロジェクトの進め方や成功例、失敗例、その時のメンバーや予算をSFAを使って共有しておけば似たようなプロジェクトを行う際に簡単に情報を呼び出して参考にすることができます。
支店や部署が多ければその分各支店や部署がどんなプロジェクトを行ったかを把握しておくのは難しいでしょう。
ですから情報としてすぐに検索できるようにしメンバー選出や予算を検討する際に利用できるようにするのです。
過去の情報を参考にできればプロジェクトが失敗する可能性を低くすることができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る