本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

SFAを活用し営業の無駄と顧客の不満を解消する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > SFAを活用し営業の無駄と顧客の不満を解消する!

SFAを活用し営業の無駄と顧客の不満を解消する!

SFAはアメリカの営業理念から生まれた営業支援システムで、Sales Force Automationの略です。
営業を総合的に支援するために優れたシステムで、今まで多くのソフトを購入した上で行っていた業務がこのSFAだけで可能になります。クラウド型ですので操作も簡単ですし、ITに苦手意識のある人でもスムーズに覚えることができます。また、導入するためにPCを多く購入する必要もありませんし、別途ソフトの購入や機材の用意も必要ありません。インターネット環境があり業務用PCが一台あれば運用は可能です。

SFAには優れた多くの機能がありますが、そのどれもが営業にとっては必須とも言える機能です。
こうした機能を取捨選択し使いこなすことにより営業を効率化しかつ確実に企業の利益を上げることができます。
情報を整理し迅速に動けるということはそれだけチャンスに恵まれるということです。

SFAには書類作成機能があります。
迅速な営業という意味では非常に有用な機能です。
顧客に見積もりを求められた際にどれだけ早く見積書を渡せるかはそのまま契約のチャンスに直結します。
遅ければ顧客は別の会社に取られてしまうでしょう。
他にSFAには顧客情報管理機能があります。
これは非常に優れた機能です。
社内の誰かが入力した顧客情報はシステム上のデータとして部署を越え、支店を越えて社員であれば閲覧することが可能です。
また、顧客からヒアリングを行った細かな情報を書き込むこともできますし営業の履歴を記入することもできます。
部署を越えて顧客情報の共有ができれば同じ顧客に二つの部署が同時に商談を持ちかけることもなくなりますし、社員同士の見込み顧客がバッティングすることもなくなります。これにより社内の摩擦が消えますし、無駄を省くことができます。

また、情報の共有により部署と部署の連携を強固にします。
顧客の不満の一つに部署と部署の連携ができておらず同じことを何度もヒアリングされたり、担当に話が伝わっていなかったりといったものがあります。これは言うまでもなく情報という面で部署間が分断されているからこそ出る顧客の不満です。
これもSFAによって解決可能です。
A部署が受けた顧客からの連絡を応対履歴に書き込みを行い、対応すべきB部署が即座に確認するのです。それにより顧客への反応が迅速になりますし、顧客が不満を感じることもないでしょう。
SFAを活用して顧客情報をきちんと共有し記入におけるルールも共通化できれば、不満の状況を改善することができるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る